トップ «前の日(12-30) 最新 次の日(01-01)» 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2004-12-31 寒かった。あんまりだ。

_ [姫街道] 三ケ日から豊川へ。

天気が崩れるのはわかっていたけどこれほどどは。関東でも雪が降ったそうじゃないですか。

私は今朝、原人で有名な静岡県三ケ日を発って、今、お稲荷さんで有名な愛知県豊川のホテルにいるのです。

本坂峠のふもと、日本の三筆の一人橘逸勢を祀る神社を詣でてから、姫街道最大の難所、本坂峠を越えました。雨は厳しかったけど緊張が続いていたためか、さほど寒さも感じず、かつ珍しく”しまった!”というほど道に迷うこともなく、無事お昼に峠を越えました。

1時過ぎにうどん屋で昼食を取ったころから雨はおおむね止んだわけですが、今度は冷たく強い風が、濡れた体から体温を奪っていくのには参った参った。

ホテルには17:00前にたどり着き、熱い風呂を浴びて近くのお惣菜屋で買ったイセエビなんか肴にして紅白の開始をのんびり待っているというわけです。

うん、今回も思いで深い旅と相成った。明日もまだ少し歩くけどね。


2005-12-31

_ うだうだと掃除

大晦日家にいるのはひさしぶりだから、家の掃除を始めた。

が、うだうだやっているうちにもう23時を過ぎてしまい、

「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」なんか見てしまう。大晦日なのにTVKでやってるということ自体が笑える。DVDなんとか入手したいものだ。

札幌市白石区だけを守る正義の戦隊ホワイトストーンズ。一見、白いモジモジ君。札幌市白石区は、宮城県白石からの入植者の拓いた土地だ。


2006-12-31 大掃除part1

_ 猫の居住区を掃除するだけで夜中になった。へとへと。押入れ収納はなかなかいい感じになった。棚の奥にガロのバックナンバーを収納した。いいぞ!しかし慣れない掃除機の音に猫達にほえまくられた。


2007-12-31 あっちゅう間に大晦日。

_ 風呂の洗い桶を新調しようとして買い物に出たが、ヒノキのヤツが見当たらない。

帰宅して煮〆と雑煮の汁を作る。大掃除全くしてないけどこれだけ正月の準備。

雑煮の汁をそばつゆに転用して夕食は蕎麦。結構旨くできているような気がする。アゴと昆布で出汁をとって、干ししいたけの戻し汁を追加したのだった。鶏肉のエキスもいい感じ。

紅白がつまらないのでANIMAXでガンダム見続けてる。

明日から4泊で熊野街道を歩く予定。家の中寒いから煮〆も雑煮も多分帰るまで持つだろう。旅の準備は一応完結したようだ。道の確定も。あとは忘れ物をしないようにすれば。


2008-12-31 中辺路3日目:近露から熊野本宮

野中の清水 7時少し前出発。宿の主人が色々アドバイスくれた。最初の2キロは決して急がないこと。その通りちんたらとだらだら坂を登る。8時少し過ぎ野中の清水。斉藤茂吉の歌碑あり。旨い水をペットボトルに詰めまた歩き出すと、ちらほら雪。大晦の風情ひとしお。来し方は深い谷。はるばる来ぬる旅をしぞおもふ。継桜王子で秀衡桜。ここまでは平易な道。9時50分熊瀬川王子手前の休憩所でコーヒータイム。気合い入る。女坂・仲人茶屋跡・男坂と進む道はあくまで常緑の深い森。蟻の熊野詣というが如く一匹の蟻となった我は、壮大な鎮守の森を喘ぎつつ右往左往。つけても3日間総晴れで何より。
岩上王子跡11時過ぎ岩神王子。ここからはほぼ下り。体は楽だが足にはキツい。蛇形地蔵でお昼。持ってきた岳食のフリーズドライの山菜蕎麦食べて気づいた。これ、年越しそばだ! 湯川王子からはまた登り。三越峠二時前。順調と思った、この時点では。 猪鼻王子からまた登り。発心門王子で宿の主人に教わったように熊野の神に挨拶。ここからの距離を計り間違えてたことに気づき、焦り出す。
本宮に向かう最後の石畳結局本宮には5時少し前着。まだ明るくて助かった。熊野誓紙買って湯の峰の宿に連絡すると車で迎えに来てくれた。宿には私入れて7人。一斉に食事すればおのずと話が。中でもサイキックオリンピック優勝経験者の坊様が異彩を放ってる。 今は大晦日らしく紅白見てくつろいでます。以上!

2010-12-31

_ 今年も今日で御仕舞な訳だけど、過去一番の実感の無い暮れとなってしまっている。例年のこの時間だと、煮〆でも煮ながら暴飲が始まってるところだが、今年は飲まないし、煮〆は毎日のおかずとして作り足しているものがすでにあるし、掃除は適当にやったようなやらなかったような感じだし、雑煮の汁を早々と作って、普通にシチューの備蓄で食事してこうして日記を書いたり、サバイバルキットを作り始めたりとかしてる。それはそれなりに休みとして充実しているとは思う。今頃旅支度を始めようかと思っているが、宿も足も全く確保していない。行けたら行く、気が向いたら宿が取れなくてもテント担いで行く。気が向かなかったらトレーニングでもしている。とりあえずやっと、落ち着いて道を調べるところだったりする訳で。

_ とやかく言っても今年もおしまいなので旧年中はお世話になりましたというようなご挨拶でもしておこうかと思う。旧年中はお世話になりました。皆さまに幸あれかし!もう早めに寝てしまう!

_ [食べ物・飲み物] 大福餅…

ネットで見つけたレシピにある程度したがって大福餅を作ってみたが、スーパーで買うもののほうが遥かに上品。皮が厚くなって野暮ったい。これはあれだろ、餃子の皮みたいに粉まぶして麺棒で延ばした方が良いのではないのか。そのうちやってみる。でもそのまえに今手元にある不格好な大福もどきを平らげてしまってからだ。ちなみに蜂蜜で餡の甘味を付けることには何の問題も無かった。餅の生地にも蜂蜜を混ぜてみたのだが、これはなかなか良い選択のように思えた。生地がぱさぱさに乾きにくい。そういえばひび割れた唇に蜂蜜塗ったりするもんな。保湿剤の役割があるんだ。


2011-12-31

_ 帰省獣。

__

=1B$B%7%s%$%A!"$d$O$j0-Kb$K0lHV6a$$B8:_$O?M4V$@$H;W$&$h!#!J%_%.!

=1B$B$@$@$C9-$$@c86$J$s$F%,%-$N:"$OBg7y$$$@$C$?!#:#$O%F%s%HD%$C$F?2$?$$>l=3D=

j$N0l$D!#$d$i$J$$$1$I!#=1B(B

_ iPhoneから送信

_ くそ。また文字化けた。かなりいいこと書いてたのに。

_ また化けるかな

_ iPhoneから送信

_ 文字だけだと化けないのかな

_ iPhoneから送信

_ ↑そうみたいだ。とりあえず画像と別々に送るか。

_ いまさらなんだけど(今1/6)文字化けしたとこにどんなこと書いてたかと言うと、「シンイチ、悪魔に一番似てるのはやはり人間だと思うぞ」とか、白い平原の向こうに白い山というのは自分の原風景だとか、なんかそんなことだったと思う。「帰省獣」と寄生獣かけた。


2012-12-31

_ 年賀状描いてた。今年も漫画描いて出した。きっと元ネタが何かなんて、画力の拙さもあって全くわからないことだろう。自分としてはほとんど1年に1度強くらいしか絵筆を握らないので、そういう年末の行事だと思ってる。出してきてから買い出し。もうすぐ紅白始まる。家は汚ねえまま。

_ 紅白歌合戦。

そんなわけで常夜鍋を30分で食べて紅白をちらちら見てる。菅野よう子もでて「花は咲く」合唱。ついでに鈴木京香も連れてきて花持たせて俯かせればいいのだ。そんなことよりやはりももくろが素晴らしい。紅白の大舞台でエビぞりジャンプだぜえええっと。今年の名セリフはもう"おてんこもり"で決まりだな。美輪さん…。福山さん…。
 Perfumeを見てて思った。こんなところでもリバース・エンジニアリングのごときが起こっている。CGとヴォカロを模倣する肉体。菅野よう子ってものすごい可愛いしゃべり方する。こういう女性には気をつけなくてはならない、と私の乏しい経験がアラートを発している。
 そして今や美輪先生の「ヨイトマケの唄」。この歌には問題とする向きもあろう単語が使われているのだが、どういうわけかNHKでは昔から一貫して放送自粛の立場を取っていなかったとのことである。これぞ歌、と言わんばかりの貫録とは裏腹にまるで児童劇団の様な身振りで歌うのである。こんな風に紅白にちゃちゃ入れながら一方でPCで「Theビッグオー」見てるからもうわけワカメちゃんなのである。なんてぼんやりしてたらMISIAがとんでもないとこで熱唱してる。砂丘のてっぺんからは砂嵐が襲いかかってこようとしているように見える。うわあ…。そして出た、プリプリ。好きな服着てるだけとかブラウン管とかプレゼントの山とかさー、こんな歌歌いながら復興支援とか言うのはあんまりにもバブルすぎて心が痛いわ。その点ももくろは良い。いや何故と言われてもな。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [すごいね私以上に紅白見てるよ]


2013-12-31

_ 帰省二日目。雪かきしたりなんか食べたり紅白見たりなんか食べたりそのあと持って行った「ターミネーター」見たり。うとうとして何度も戻してみたりして捗らない。

_ 風邪引いたらしく喉の奥が変。母親に言うと「じゃあ雪かきやってから寝込みなさい」と言う。こいつに育てられた割には俺は軟弱に育ったのが不思議だ。

_ 悪い予感が的中した。紅白でチャンmiwaが歌う前に案の定美輪明宏が絡んできやがった。まあ美輪さんのせいではない。頭の悪いスタッフの誰かが安直なギャグに走っただけだと思う。


2014-12-31

_ 1日早い初詣。

IMG_3370

ついに大つごもり。みんな、今年もいろんなことがあったね。俺もずいぶん多くの気づきと、もしかするとそれをうわまわるかも知れないほど多くの物忘れがあったと感じてる。混雑を避けて1日早い北海道神宮へのお参りをした。それでも結構な人出があり、多くは中国系の観光客と思われた。母の代わりにひいたおみくじは中吉。神の教えを見ると、困ったときだけ神頼みする性根が気に入らん、といったような、戒めとも神の愚痴とも取れるようなことが書いてあった。俺は何だか新鮮な気持ちがした。
ちょうど昨日のこと、このごろ身の回りに何かと不運なことが起こることを母と語らっていて、俺たちにとって世界が理不尽であることに理由があるのかとか、不幸が起こることは何か俺たちが良くないことをしたからだろうか、といった会話となった。俺は、聖書の中に、そんな風に己が身の上に次々起こる災難に、本来は信仰の篤いものでありながらやがて神と対立した男がいたことを思い出し、そのことを話したのだった。ヨブの身の回りに起きた不幸は我が身のみならずその親族にさえ及んだものだつたから不幸自慢すれば誰にも負けないようなランクだっただろうが、それでもはじめ、ヨブの信仰は崩れなかった。彼の友人と自称するあの者たちがあらわれ、ヨブの不幸はヨブ自身の罪に原因があり、そうでないならそのような不幸は起こるはずもない、と彼に告げるまでは。それまでのヨブは、何が起ころうと受け入れる覚悟を持っていたはずだったが、それを失わせたのは、ある意味悪意のない、近しいものの言葉だったのである。このことはもっと広く知られるべきことだ。ヨブの友人は己の正しいと思っていたことを素直に告げただけであり、それがどれほどヨブを傷つける言葉であるかなど思いもよらなかっただろう。それが問題の核心だ。誠や思いやりから出たはずの言葉が、同時にその向かう側をもっとも傷つける言葉となるのである。放った言葉は誠に矢と同じで、回収するときは何かを傷つけた後であり、何も傷つけなかった時にはどこか彼方に飛び去ってしまうのみなのだ。それは、射手の信念が強いほど、そして放つ先への情が強ければ強いほど、より深く大きな傷を作るのである。しかも射手と獲物とではその矢の威力の感じ方も大いに非対称的であり、このアンバランスは問題をより悪い方向に転がす駆動力たりうるのである。さらには神的なものも必ずしも最善のやり方で人に報いるわけではないのだが、われわれはそのことをいかに説明すべきかの術を持たない。かくして「自然の行うことは全て善きことである」とか、「世界に生きることはそもそも全て苦である」とかいう開き直りにも似た絶望を認め、そこから再出発することになる。そうなったとき初めて、その開き直りは最早絶望とは言えなくなるのである。


2015-12-31

_ 台所でウロウロしてると父の人から電話。そこで気づいたが、帰省日を1日間違えて伝えてた。その後少し魔窟でしばしの名残を惜しんでると放送大学テレビで「コンピューターのしくみ」という授業をやってる。状態遷移図の書き方とシークェンス回路の作り方。女性アシスタントと共に学ぶ形式で、岡部先生の説明もわかりやすいので、テキスト購入。来期はもしかすると放送授業を一つか二つ履修するかもしれない。最近改めて放送大学のよさに思い至っているのは、単に図書館の充実のみならず、ズブの素人にも良いイントロダクションになる授業がいくつもあるということだ。今注目してるのは認知神経科学とデータマイニングの授業。気になればまず教科書を買ってみる。誰かが言ってた。何かを学ぶための本を買うということは最もコストエフェクティブでリスクの低い自分への投資である。全く読まなくても残しておけばいい。もしかすると例えば10年後、お前の脳力が衰えていないなら役立つかもしれない。読む機会が全くこなかったとしても、それを買った時のお前の問題意識を思い出すことができるだろう。それは何か良いことにつながるかもしれないのだ。ただ、収納と床が抜けることへの対策は必要かもしれない。そんなわけで、空港へ向かう電車の中。今回は何冊かの教科書を抱えているのと着替えが厚いためにいつもよりさらに荷物が重い。


_ うますぎて申し訳けないス!

IMG_5121

「うますぎて申し訳けないス!」
「余計なこと言わないで黙って食わせてくれればいいんだ」
それに言ってるほどめちゃ美味いわけでもなかった。まあ美味かったが。


_ そういうふざけたことを書く前にちょっと焦ったことがあった。自動搭乗手続きの時、どのクレジットカードを使っても「予約がありません」と、出る。父の人への伝え間違いもあり、もしや今日の予約が取れなくて前日にしただろうかなどとパニック寸前。だが、ふと予約確認メール見ると、コンビニ決済と書かれているのに気づいた。払ったかどうかもはや記憶はないが、予約番号入れたら手続きできた。もー、焦らすなよ、自分。


2016-12-31

_ とうとう大晦日になりにけり。なんか紅白のオープニングからずっと見続けてる。なんとなく来年になってしまう感じだな。旧年中はお世話になりました。らいよろ。


_ とうとう紅白すべて視てしまった。なんで紅組の勝ちなのかわからない。ガッキーもっと踊って欲しかった。ゆく年くる年始まった。年明けたらお風呂入って寝る。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [ことよろ!]

_ けい [よろしく]


2017-12-31

_ というわけで大晦日にパソコンショップへ。ついでにツルとネジの緩んだメガネを眼鏡市場さんで無料で気持ち良く調整していただき下着を買って帰るところ。年末の横浜駅近く。久しぶりに来たけどあまり変わってないので安心した。川沿いのおでん屋台はすっかり無くなったけど。

_ 帰宅。もーすぐ紅白始まる。ちな手前どもは喪中ということになってるのでアケオメは無しです。とりあえず蕎麦食べてお風呂しよう。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ きだ [朝から逃げ恥見てました。年末営業ありがたいですね。PC直りますよう。川沿い屋台なつかしす。 ということで、ことおせ..]

_ けい [というわけでCドライブが快適になったような気がします。ドキュメントの中のデータをサルベージ中。ネット接続に手間取りま..]


2018-12-31

_ というわけで14:00過ぎに新千歳空港に着いた。そこのトイレを使ってると良くある何でもない表示が目について気になる。
「人がいなくても水が流れることがあります」
人類が滅んでもきっとこの星の何処かでは水が流れていることだろう。そういう未来はありえる、と思われた。自覚は無いがちょっと病んでいるかもしれない、自分。


トップ «前の日(12-30) 最新 次の日(01-01)» 追記

Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 口グセ | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 殺害された言葉 | 自転車に乗って | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 川越街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |