トップ 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2021-01-25 [長年日記]

_ 夜ヨーガの後のウォーキングがなんかとても心地良かった。時々軽く走ってみたりして。なんだろ。寒さが少し和らいだからだろうか。


2021-01-24 [長年日記]

_ 今日も雨。湿度が高いと体感温度も高いのは悪くない。家の中も適度に湿るから火事の心配が無くて良い。指や踵のひび割れにも。夕方ヨーガ。早く終わるのでゆっくりジムのお風呂に入れる貴重な日。昨日も筋トレでジム行って入浴した。広い風呂は良いよ。そのうち久しぶりに銭湯行くかな。


2021-01-23 [長年日記]

_ ずっと雨。それでもなんとかジムにたどり着き筋トレ。早い時間なのでジムで入浴。そのあと横浜に出向き、ファスナーの壊れかけてたザックの代わりを買いに行き、帰宅。この後雪になるのかな?寒いようだけど筋トレの効果で余り寒く感じない。


2021-01-22 [長年日記]

_ 夜ヨーガ短縮版の後、明日は休みだからとちょっと長めのウォーキングしたらめっちゃ汗かいてくたびれた。今日は湿度高いんすよ。明日ちょっと雨降るらしい。買い物行きたいんだけどな。ウォーキングで使ってた小さいザックのジッパーが壊れつつある。


2021-01-21 [長年日記]

_ 安永航一郎さんの新刊が出ていたことに最近気づいて入手。今朝始業前に読んだw 『下の方の兄さん』。下ネタ満開で女の子可愛いという作風は変わらず。それがとても嬉しかった。朝から読む漫画じゃ無いです。


2021-01-20 [長年日記]

_ 夜ヨーガ短縮版の後、少しウォーキングと思って歩いてたら、珍事に遭遇してちょっと足止めをくらう。今は書けないけど犯罪に巻き込まれたとかでは無いようなのでほとぼり冷めたらいずれ書くかもしれない。今日は日中寒かったが、ヨーガの後は余り感じず16000歩程の歩きとなった。暖かくなったらまた旅に出られるかな。

先日甥の人と電話で話した時、どういう訳か「おじちゃん『暗い日曜日』って知ってる?」なんて意表を突く質問をされた。ネットか何かで、この歌を聴いて自殺した人が沢山出たということを知ったらしい。知ってるさ。大学時代にフランス語の勉強を兼ねてダミアのレコード聴いてたんだよ。聴いてると、当時そばでアイロン掛けしてた母の人が、ダミアの歌は淡谷のり子がカバーしてたということを言ってた。その時話題にしたのは『人の気も知らないで』だったと思うが、淡谷先生はこの『暗い日曜日』も歌ってた。甥の人にフランス語の歌詞を結構覚えてたので電話口で歌ってあげたら電話の向こうで「すげえ…」と言ってるのが聞こえた。うろ覚えだが、ふふん見直したか。きっと彼は第二外国語でフランス語を取るに違いない。でももしかしたらこの歌を聴いてしまったので自分が自殺しちゃうんじゃないかとか不安に思ってたら申し訳ないな。で、今日のウォーキングの時にもちょっと口ずさんでみた。愛唱歌としては悪くは無い。けど、ダミアの歌では『かもめ』が好きだ。歩きながらその曲だけ聞いてみた。

「鴎を撃たないで、マドロスさんの魂だから、泣いているから。」


2021-01-19 [長年日記]

_ 仕事の後で放送大学の試験を受ける。自宅で。何持ち込んでもいいけど人の答案は見るな、というルール。そのせいか結構考える問題もあった気がする。明日投函する。遅くなってお腹も空いたのでウォーキングなし。入浴してなんか作って食べる。


2021-01-18 [長年日記]

_ 今宵も短縮ヨーガ。帰り道、すごく久しぶりに梵天耳かきを買って帰る。しばらく耳掻きは綿棒でやってたんだけど、なんか見当たらなかったのとたまには良いかなという気持ちで。でもあんまり溜まってなかった。耳の中がガサガサ言ってたのは、どうやら猫のにこげが一本入っていたためのようだった。「よふかしのうた」新刊ゲット。


2021-01-17 [長年日記]

_ 日曜の朝。子供の時は、日曜が嬉しくて早起きした気がする。ということは、平日に何かストレスの如きを感じてたのかもしれないが、少なくとも仲の良い友達が何人もいた低学年の頃は比較的幸福な時代の部類に入ると思うので、何が嫌だったのかはよく分からない。ただ、ある朝、母の人の用意した薄いピンクのワイシャツを着るのがどうしても嫌で学校に行こうとしなかったことがある。多分当時の自分にはよく似合う色だっただろうが、そんな服を着ていけば女の子みたいだと馬鹿にされるのが嫌だったのだろう。結局それを着て行ったかどうかは覚えていないが、母の人が遅れて登校する旨学校には電話を入れ、遅れて教室に入った私に担任の女教師はちょっと冷やかすような、しかし好ましい言葉をかけてくれて、その後の授業を受けた。ストレスのないはずの時代、と書いたものの、今書いてるうちに、それでもそれなりのストレスはあったのをいくつか思い出した。走るのが遅くて競争の時に目立ってしまうこと、近所にこまっしゃくれた同級生がいて何かとかに触ることのあったこと、また近所には同級生の女の子のちょっと不良っぽい兄がいて、これが度々ちょっかいをかけてきて非常に不快だったことなども思い出す。
子供時代の日曜の朝は、何か楽しいことの起こることを期待して早起きだった。今朝そんなことを思い出した理由は二つある。昨晩ジンギスカンを焼くためにテーブルの上を少し片付けて(まだ散らかってはいるけど)少し広くなっていることと、冬至を過ぎて少しずつ日の出の時間も早くなり、明るい中で朝食を摂れたこと。これからスーパーヒーロータイム。今日も何かいいことが起こるだろうか。

_ やばかった。もう少しで放送大学の試験受け損なうとこだった。今回、在学受験なのだが、当初の予定が、私の受講してる科目については前倒しとなっていたのだった。答案は郵送。取り敢えず締め切りの消印までには答案出せるだろう。いやあ、良かった。卒業する気はさらさら無いんだけど。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [いいことあったね(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*) ピンクのシャツ、けいさんも嫌だったのね。小学校..]

_ けい [ 忘れられるもんですか。あれは強制女体化の恥辱と言うべきもんです。今は女の子扱いされるとちょっと嬉しいかもww]


2021-01-16 [長年日記]

_ 日中何だかすごく暖かかった。ある思惑があってみなとみらいへ。思惑は半分達せられ、残りは叶わなかった。夕刻、注文していた灯油3缶が届く。在宅勤務が続いているために在宅中の冷暖房費がだいぶ掛かる。ジムが早仕舞いするので風呂代も。夜。秘蔵のラム肉でジンギスカン食しつつNHKラジオ第2を聴く。高校講座古典は「伊勢物語:井筒」。その後漢詩、白居易。それから「遠山顕の英会話楽習」。この番組は実践的な英会話にはとても良いな、と改めて思う。さらに楽しい。その後の「朗読の時間」は何と谷崎潤一郎の「痴人の愛」。こんなのやるんだなあ、読んで無いけど。

_ もうちょっと書き足そうかな。実は今日、毛蟹が食べたいと唐突に思ったのよ。なのでたまにそれが並ぶご近所スーパーから始めて、みなとみらいはベイクォーターの北海道アンテナショップなど訪ねるも見つからず、最後に寄った横浜そごうで見つけたのだけど、なんと25000円。出掛ける時は「今日は少しだけ贅沢するか」なんて思ってたのだけど流石にこれにはビビる。何がビビるって、こういう高いものを買って食べた結果さほど美味しくなかった時に、自分の舌がポンコツなのかとか思い悩むことにビビるのだ。安いものを買って「いやこれは値段に関わらず良いものだった」と言うのと、高いものを食して「ふうん、こんなもんか。大して美味くないなあ」と言うのとでは、かかる費用とその効果があまりにも違いすぎる。この辺りがグルメにはなれない決定的なことなんだと思うよ。どうせ味がわかんないんだったら前者の方がエコ(ノミカル)じやない?

と言うわけで、スーパーに並んでない時にできるせいぜいの贅沢はネットで1パイ5000円強の毛蟹お取り寄せくらいが関の山。今買うのは「だが断る」だけど。これに比べるとジンギスカンの何とリーズナブルなことよ。毛蟹が無かったらジンギスカンを食べたら良いじゃない。眠くなった。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [食べたいときないよね、でも毛蟹ってそごうだと高額なんだね。安い毛蟹しか知らないから驚きれす]

_ けい [そうなんすよ。そごうのは特別なやつだったのかな。だいぶ大振りでした。いよいよ食べたくなってきましたぜ。]


2021-01-15 [長年日記]

_ 月曜は休日で特別スケジュール、水曜は立て込んでて無理、という訳で今宵三連休明け初めてのヨーガクラスへ。短縮時間になっていたのであっという間だったが、時間が短いと言うせいだろうか、結構ハードめなメニューで明日の筋肉痛が楽しみという。帰宅。お風呂も食事もまだ。またしても出前館で、今日はカレーその他を頼んだ。いつもより待ち時間は長くなり、どうも予約サイトのサーバーの応答も悪いように感じた。緊急事態の期間はまだまだある。明日も「あっぱれ!KANAGAWA大行進」は再放送なのだろう。「かながわ旬菜ナビ」はまだ撮り溜め分があるのだろうか?この手の外でロケする番組はそろそろ何か新しいことを始めるべきなのかもしれないな。しかしかと言ってスタジオロケが主体になってしまうと、ただの情報番組になってしまうかもしれない。いや、何かやり方はあるはずだ。2度目の緊急事態は、見かけ上は初回のそれに比べて緊張感が弱く感じる。しかし多分事態はより深刻で、何よりもこれまでの経済の落ち込みが解消されていないところが問題だ。ライフラインも脆弱になりつつあるのだろう。寒いけど少しは節電など心がけるべきなのだろうか。うち、古いからマジやばいんだけど。本気で、貧しくなりつつある世界を受け止める覚悟が必要なのかもしれない。こうなるまえからすでに人の心的豊かさは落ち込んでいたと思う。それを物的豊かさで補っていたのだとしたら、考えかたをガラッと変えなくてはならない。それができるだろうか?みんなが貧しくなるなら耐えられるのかもしれないが、今更ウォッシュレットの無いトイレや入浴は週に一度で暖房は火鉢しかなく下手をすれば冬は部屋の中に氷柱が下がるような暮らしに、戻ることができるのだろうか?厳しい戦中戦後を生きた人たちならばそれは耐えられる、と言ってくれるかもしれないのだが、残念なことにその世代の人々もだいぶ減った。とても現実には思えないが、10年後のこの日記(サーバーが稼働している状況であれば、だが)を読むことは今からなんだか楽しみな気もする。あの頃は豊かだったなあ、なんて。あ、まてよ。バブル崩壊前後で少し貧しくなったんだっけ、世界は?いや、あれは本当に泡沫のようなものだった。今度は本当に貧しくなるのだと考えても驚くにはあたらないだろう。こんな悲観的なことを平気で書けるうちは余裕があるんだが。しかし例えばひと月後とかはもう分からない。アタラクシアを求めるより他に無い。


2021-01-14 [長年日記]

_ 今週全然ウォーキング行かなかった。ので、今宵は9キロほどのウォーキング。途中、看板だけを見たことのある蕎麦屋を見つけた。20時20分前。何とか夕食にありつく。初めての蕎麦屋ではできる限りカツ丼と蕎麦を食べたい。セットがあったので是非も無く注文。20分足らずで完食。いつも思うんだが、カツ丼と蕎麦のセットって大抵お味噌汁がつくんだよね。汁物を2ついただくのはそれなりにキツイこともある。が、それなりにうまかった。機会あれば次は鴨せいろ食べた後思うよ。帰宅。眠し。

今日も何と無く平家物語の語りを聞きながら歩いてた。小松殿こと平清盛の子・重盛が、法皇を捉えようとして着物の下に甲冑を付けて出陣しようとする清盛を諌めるくだり。「忠たらんと欲すれば孝ならず」と嘆くあたりは昔の道徳の教科書に載っていた有名な話で、大河ドラマでは窪田正孝さんが好演していたのが忘れられない。その後「平家物語」では、主を諌める臣下がいて親を諌める子がいればこそ国も家も安泰なのだ、と説く。このことに想いを致すのは時代錯誤なことだろうか?


2021-01-13 [長年日記]

_ 今晩も出前館使おうかと思ったがやめて、コンビニで野菜炒め用の野菜を買う。あと仕事の合間に補給する甘い餡子のお菓子。これが無いとな。で、秘蔵の松尾ジンギスカン(マトン)と野菜を中華鍋で炒めて食する。流石は道産子のソウルフード。満ち足りた。
さて、今日も悲しいことがありました。「バガボンド」既刊分を読破してしまった。しかも、36巻の前に届いた37巻を先に読んでしまうという不覚。今宵36巻読んで、小島剛夕の絵に凄く似た一コマがあったので、郷愁もあいまって小島剛夕の描いた漫画を読みたくなってしまった。高校の頃に少しだけ背伸びして読んでいた漫画アクション。その頃連載されていたのは「春が来た」とか「乾いて候」とか「西遊記」だったが、小池一夫・小島剛夕のコンビの名作といったらこれを外すわけにはいかんだろ、と言う作品がある。その名は「子連れ狼」。まあ次はこれで行くか。それにしても、読めば必ず面白いだろうことが保証されている漫画があると思うだけで世界には生きる価値があるとつくづく思うよ。押見修造の漫画なんかもまだ読んで無いのたくさんあるし。ひばり書房の怪談漫画とかも気になるのたくさんあるし。私にとって未踏の分野と言って良い少女漫画という別世界も存在しているし。まあなんと言うか、漫画に救われて生きてます。

_ 待てよ自分。その前に水木しげるさんや手塚治虫さんの漫画全集、読破して無いじゃ無いか。何か初心に帰ったような心地。


2021-01-12 [長年日記]

_ ちょっと立て込んでたので出前館で夕食を注文。いつの間にかたまってたPayPayで支払いすると、スマホが「ペイペイ!」って言うんだな。お前ふざけてんのかって感じ。どうせ俺はペイペイだよ。今日も運動無し。朝のゴミ出しと昼休みに近所のコンビニに行ったくらい。天気悪かったからそれで良いや。


トップ 追記

Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | ゴミレポ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 口グセ | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 殺害された言葉 | 自転車に乗って | 七十二候 | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 川越街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |