トップ «前の日(03-06) 最新 次の日(03-08)» 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2004-03-07

_ 上司がいないと仕事がはかどる。それでも難しいものは難しい。

あせらずあせらず。


2005-03-07 『のだめカンタービレ』1・2/『ファンタジックチルドレン』第23話

_ [漫画・アニメ] 「のだめカンタービレ」「ファンタジック・チルドレン」

会社の同僚から『のだめカンタービレ』1・2巻を借りて読む。面白いので続きも借りることにした。しかし最初の方ののだめの部屋の汚さには参った。わたしの部屋も相当なんだが、ご飯がイクラみたいになることはない(どういう状態なのかも良くわからないけど、なんか怖い…)。

『ファンタジックチルドレン』第23話「ゲルタ」。全26回のようだからもうすぐおしまいだなあ。先週見逃してしまった。3/25にDVDがでるらしい。


2006-03-07 名古屋方面に出張

_ 今月も名古屋方面に出張。暖かい日。

最近メモリプレーヤーに曲入れて聞いている。

入れた曲は絶妙な選曲なので、聞いているうちに人知れず袖を濡らすことしばしば。フジ・ファブリックとか聞いてね。でも実はアニソンが多い。

いずれアニソンの空元気と演歌の深刻振りの対比を論じてみたいような気もする。

_ (アニソン⇔演歌)

キミ⇔あんた、あなた、おまえ

太陽⇔雨、霧

どこまでも行ける(行こう)⇔歩いても歩いても

さあ始めよう⇔どうせ一夜の

きっと、きっときっと⇔泣いて、泣いて泣いて

未来⇔浮世

駆け出す⇔むせぶ

本当の自分⇔弱い女(男)

ウォウ、イェイ⇔ああ、ああんが

明日を信じて⇔明日を信じて

_ これらを組み合わせて

_ 「太陽に向って駆け出すイェイ だからどこまでも行こう未来へ本当の自分探しに」

「霧にむせぶ ああ 歩いても歩いても辛い浮世 弱い女ね 私」

_ とかいう風にいろいろ活用しようと思ったのだがまだちょっと引例が適当でない。というかすでに誰かがやってるような気もする。

結論としてはアニソンの聞きすぎは自我を肥大させ演歌のそれは鬱を誘発する、という感じだろうか。

_ ともかくも春だな。ウォーキングには絶好の季節。←いつもそうです。


2008-03-07 深残の日。

_ ちょっと遅くまで会社にいてしまう。出張中に溜めたもろもろの整理。

QQプロットという正規分布からの外れ方を表現するグラフの描き方で同僚ともめる。

帰宅後に確かめてみると、正規確率紙プロットと、そうじゃないのとある。結構初歩的な知識不足のようだけど、統計ソフトにRをつかってるかエクセルを使ってるかの違いというのも如実に表れていた模様。やっぱなんにもわかってねえよ、おれ。


2009-03-07 ちょっと頭が痛かった。

_ なんだろう、この頭痛。

久々に夕べ酒を飲んだからだろうか。花粉症だろうか。なんだかちょっと頭痛がした。

うんと昼寝して回復した模様。デリーのレトルトカレーを食べる。休み明けのちょっと憂鬱な用事を思うと、雨が晴れても楽しめない。

それでもHPにちょっと手を入れてみたり。まだ公開してないですけど。


2011-03-07

_ 寒い寒い。まだ灯油の心配をしなくちゃならないとはなあ。

大聖堂4回目・5回目を見る。セックスの描写がないなあと思ってたら早速出てきた。他にも裸が出てきたりチンチン触るシーンとか出てくる。エッチですねえ。

_ そいうえば代々木忠のドキュメンタリー映画が公開されてるらしいっすね。ヨヨチューの人生壮絶すぎてちょっと見に行く気が今はしないんですが。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃにゃ [ちょっとすごくないですか?? 何か・・・視聴率がきになります(笑)]

_ けい [いや、まあ私が面白おかしく言っちゃってるだけなんでしょうけどね。でも嘘はついてません。あえて言うなら、私がエッチだと..]


2012-03-07

_ 君たちは知っているかね、こんな話を。

美容院に行って「福山雅治みたいにやってくれ」と頼んだら、美容師さんが「あんちゅわ〜ん、あんちゅわ〜ん」ってモノマネしながらカットしてくれたという話。

この話の元ネタがいまいちわからなかったんだが、たぶん「ひとつ屋根の下」なんだろうな。この面白さを理解するためになら全話見ても良いかもしれないなんて思い始めている。それほどまでに、年をとるにつけ楽しいことが減って行ってしまうものなのか…。


2013-03-07

_ 夕べはどうにも眠気に耐えられず、夕食後即寝てしまう。夜中にムクリと起きて(一部が、じゃないぞ 全身)枕元に置いてた手塚先生の「アラバスター」を読破。チャンピオンに載ってたんだったかな、結末知らないまま親爺になったのですっきりした感がある。


2014-03-07

_ 哀しいお知らせ。その一。「人生の中で一番どん底だと思うのはいつですか?」「今です」

_ 哀しいお知らせ。その二。ロケみつが三月で放送終了。関西圏の話だと思うのだが、熊野を歩き始めたとき和歌山で見たのが懐かしいよ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [すきな番組終わるのは哀しいね。]


2015-03-07

_ 英会話。オックスフォード出身の若者が今度の師匠だ。オックスフォード大出身かどうかは知らない。真面目そう。


_ 英会話のあとに歯医者に行くことになっていたのだが2時間ほど空きがあったのでジムによって筋トレだけ。明日は少し長めにトレッドミルでウォーキングしてヨガで終了する。もしも気が向いたら久しぶりに外を小一時間くらいウォーキングするのも良いかもしれない。たぶん歩き方忘れてる。歯医者は上の歯が入ったので思うさまいろんなものを噛んだり甘噛みしたりできるようになった。


_ IEのキャッシュ消したらとりあえずMathJaxの数式エラーが解消した模様。$\sqrt[3]{5\pi}=2.504417$←全然してない。IEもう嫌い。


_ [音楽] 'Clair in Heaven' Capercaillie.

なんとなくiTunesに合わせて歌ってる夜。カパーケリーはライチョウと言う意味で、アイルランドのバンドと思ってたらスコットランドだった。カレン・マシスンというボーカルの歌が大変に美しい。会社入ったころにワールドミュージックが流行りで、HMVなんかでも並んでた。この曲「天のクレール」とでも題すべき曲は、もしかしたらル・クレジオの「空の民」'Peuple du ciel'からヒントを得た楽曲なのかもしれないな、と思ったのだが、英詩を(幸いなことにゲール語ではないのでカラオケで歌おうと思えば歌える曲ではある)訳してみようと思ってもなんだかうまい訳ができずにいる。ただ、’Although I'm not with you down there I sit around up here and stare It's me my name is Clare Clare in heaven’というサビのところに、ル・クレジオの描いた岩の上のおそらくは目の見えない少女のイメージが重なった。そういえばル・クレジオの物語はたぶん最後まで読んでいない。大学の時にフランス語の教材になっていたのだが、物語の途中で授業は終わってしまったと記憶している。その後、「海を見たことがなかった少年」に収録されているのを知って購入したことまでは覚えているのだが…。そう思って魔窟の書棚を見てみたら、諸君、奇跡だ。発掘された。そして、この物語の少女の名前がクレールであったという記憶は完全にねつ造であることが分かったのである。そうじゃない。プティト・クロワPetite Croix−小さな十字架−だった。なぜそんな思い違いをしていたかには思い当たることがある。たぶんそうするとル・クレジオの物語とカパーケリーの楽曲には関連は無く、むしろ、収録されているアルバム名”To the Moon”との関連で語られるべきだった。ああそうだよな、Claire de la Lune、だものな。もちろん天に属するものだ。そうだとも。でもせっかくだからル・クレジオの「空の民」は読んでしまいたいと思う。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [若者だから男性かな?お好みな感じでしょうかね]

_ けい [好みは良くわかんないけどピーター・オトゥールみたいな感じではないな。キャメロンみたいな感じでもない。]


2016-03-07

_ 帰宅したら放送大学から手紙来てた。振込用紙。早く払わないと授業始まるまでに教科書届かない。今日は雨。なんか気分悪し。


2018-03-07

_ ヘイ・フィーバーのようだ。だるし。帰りのバスの中には小学生の作った版画のポスターが沢山貼ってあった。見てると、ロバート秋山の「小学生版画クラブ」思い出してちょっとクスっとした。なんか疲れたよ。


_ というわけで、朝はジムに寄ろうと思ってたのだがやめた。帰宅して夕食等の用意して入浴したらちょっと気分良くなってきた。


_ [アニメ] ラーメン大好き小泉さん

第9話。今回の小泉さんは山でラーメン食べるためだけに筑波山に登山してる。山に限らず外で食べるラーメンが旨い事は言うまでもない。それにしても毎回毎回、小泉さん(あれ、下の名前なんだっけ!?)はラーメン食べ終わる度にエロスな顔をして見せるのです。ラーメン完食する度にクロッチを汚してるとしか思えぬ。 背油ちゃっちゃ系のラーメン。背油で埋め尽くされたラーメンスープを桜の花びらで埋め尽くされた川面に例えるとは、なんという斬新なラーメンの表現なのだ。


トップ «前の日(03-06) 最新 次の日(03-08)» 追記

Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | マンガ | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 口グセ | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 自転車に乗って | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 川越街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |