トップ «前の日(05-02) 最新 次の日(05-04)» 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2006-05-03

_ 神保町へ。

昨日までの旅で草臥れた足を引きずりながら神保町へ。「日本の古本屋」で探していたシュレーディンガーの伝記が見つかったと言うので買いに行ったのだった。培風館からでていた本で分厚い。ぱらぱらとめくってみると、17歳の恋人がいたとか性愛が研究の励みになると言ったような記述が目につく。幾つか詩を残してもいたようだ。場の統一理論をめぐるアインシュタインとの書簡などのこととかも書かれていて読むの大変そう。場の古典論はテンソルの概念が頭に入らなくてランダウの教科書を10年くらいほったらかしにしていたんだったっけ。


2009-05-03 休業日。

_ だらだらの休日を過ごす。

作りかけだったちりめん山椒を完成させたくらいかな、やったことと言えば。じっくり煮詰めていくとねばっとした佃煮になった。山椒の実がどこにあるかはいまいち分からない。が、ちょっと味見すると、さわやかな山椒の味で、舌が軽く痺れる。もう少しエグ味を取っても良かったかも知れないけど、明日はこれでお茶づけしてみます。

教訓。醤油と味醂があれば何でも佃煮になる。次の目標は、唐辛子の葉っぱで佃煮を作ること。庭には4種類のトウガラシの芽と1種類のトウガラシの苗がある。初夏の風に吹かれて順調に育っているようで、めでたいのう、めでたいのう。


2010-05-03

_ [下田街道]GW行脚2日目:下田観光〜東浦路柿崎〜須崎。

TS3M01340001

朝方、蓮台寺駅に戻り幾つか昨日訪ねなかった場所を訪ねて、下田富士登山。標高191メートルとは言え急坂をガンガン登って降りる。その後は普通に観光して、おもむろに東浦路を進む。吉田松陰が黒船に乗ろうとして果たせなかった曰わくつきの弁天島など訪ねて、宿のある須崎まであるこうとしたが、バスが来たので乗り込む。明日も晴れかな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃにゃ [お疲れ様です!明日も天気良さそうだし、楽しんでくださいね^^]

_ けい [汗かきまくりでした。ハイドレーションシステムに助けられました。]


2011-05-03

_ [自転車に乗って] 反町公園など。

このカテゴリで記事書くのすごく久し振り。とはいえそんなに遠くに出掛けた訳では無く、歩けば1時間少々かかる横浜まで。降りそうだなあとか思いつつ。

_ 古そうな噴水

帰宅途中。反町公園に寄ってみると古い噴水に目がとまった。

_ ハマナス。

次に気付いたのはトラロープに囲まれたピンクの花。なんとハマナス。北海道では良く見かけたのだが。花は終わりかけている。そして、実が膨らみかけている。わたしは良いことを思いついたぞ。実が熟した頃にまた遊びに来て、その種をこっそり持ち帰ってうちの猫の額に埋め込むのだ。

_ 桂。

そう言えばこの公園をゆっくり散策したことが無かったような気もする。丸い木の葉に気付いて「これはもしや」と思ったらやはりカツラの木だった。近所で見かけるのも珍しいことだと思う。月にも生えてるらしいよ。

_ 薔薇。

大きなアーチにつるバラを這わせてたり。良い公園だったんだなあ。一説にはホモの方々のハッテンバでもあると言うことだが。

_ 愛車エンペラー

ちょっと見そこらへんのママチャリかと思うのは、泥除けが付いてるせいだろう。並べてみると車輪も一回り小さいし、なんか変なチャリだなと思われることだろう。これが丸石エンペラー、旅する自転車です。

旅してないけど。

_ 多分桐の木

たいぶ家に近づいたところで、薄紫の花がたくさん咲いている木を見かけて気になり引き返した。生えてるところを見たことはなかったが、きっと桐の木なんだと思う。逆光で見苦しいな。

_ こんな近所に珍しい植物が生えているものだと思う。D90持って取り直しに行こうかな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃにゃ [ひさしぶりに、トップ画面の・・・当たりました! なんか嬉しいです]

_ けい [中指ですか。おめでとうございます。 つうか確率1%くらいしか無かったはずなんですけど。どんだけ見てんですかw ]


2012-05-03

_ [熊野街道]クマの水軍

__

_ 始発で周参見から紀伊日置。なのに山越えの道の入り口がわからず行ったり来たり。まあこういうことをするために旅にでたわけだからあせることはないと思う。外で食べるおにぎりさいこー。完璧に晴れわたった。昨日は雨の中でおにぎり食べておにぎりほとびにけり。それも最高。

_ 紀伊ゴボウ。

__

和歌山産のゴボウということでなく紀伊御坊という地名。今日の宿。結局周参見までの道は見いだせず。まあこんなときもある。ペットボトルでお茶淹れることに今日気づいたがコーヒーはダメだ。いやまて、なせインスタントではいけないのだ。

_ __

早い晩飯。梅を練り込んだうどんとめはり。やはり和歌山に来たらめはりねー。三重だと言う説もあったような。

_ __

おまけ。南方熊楠記念館で模写したハドリアヌスタケの熊楠のスケッチ。実物のアルコール標本には毛など生えていなかったのが不審であるが、画力の及ぶ限り忠実に描いた。

_ __

電車の時間まだあるので記念館の収蔵品スケッチからもう一つ。ヤシの実。当然ながら毛など生えていなかった。

_ 因みに今日うろついた安宅(あたか でも、あたく でもなくて あたぎ らしい)は熊野水軍の郷。熊野ってつく言葉をみんな クマの って置き換えるとなんか可愛くなるよね。

そうそう、デジタル一眼だが、レンズを着脱したら問題無く動作した。あと、一日目の宿に非常用のメスティンを置き忘れてたが、道がわからなかったために早く上がって時間があったので、宿に向かう途中立寄り、無事回収。何も失ってなかった。何かを得た訳でもないけど。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ けい [iPhoneからだと画像ちゃんと表示されてんだけどなー。調整面倒かも。]

_ うにゃにゃ [ハドリアヌスタケ・・・なんか違うものにみえましたby中2男子。]

_ けい [標本見たわけですが、大きさもそんなもんでした。]


2013-05-03

_ [米沢街道]四日目。まずは上杉家廟所。

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

休憩所でウコギ茶飲んだ。生垣にウコギを植えるのが窮乏に悩む米沢藩の流儀とか。

_ 林泉寺行って山形大。

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

ルネサンス様式ですって。

_ 川中島合戦。

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

終盤。死屍累々でありまことに酸鼻を極める有様だが、しばらくすると「戦場で倒れている皆さん、陣へお戻りください」というアナウンスで笑いが起こるのは多分お約束。地元高校生などはほぼ参加することになっているようにおもわれ、20歳くらいの地元男性達が自分たちはどちらの陣にいたとか盛り上がっていた。空砲をぶっ放したり松川を実際に渡河したりしてなかなか気合が入っている。地域の文化や歴史を残そうという崇高さと、大の大人がチャンバラごっこに興じているようにも見えるおかしさが相半ばすることに妙に感じ入った。

_ 旅はまだ終わってない。

どう言うことかというと、新幹線発車時刻は福島20:54。早い便(?)に空席はあるようだが早割チケットなので変更効かない。ゴネれば何とかなるのかもしれないが、それより有効な時間の使い方をしばし模索すると、ほとんど駅ナカのパワーシティ・ピボットというところにスーパー銭湯極楽湯があり、しかも今日金曜は学割デーで通常より200円も安く利用できるのだ!今回の旅では米沢上杉博物館でも上杉家廟所でも放送大学の学生証が火を吹いたが、風呂まで安く入れるとは思わなかった。学問が身を助けると言うことはよく言われると思うが、こういう即物的な意味もある程度はある。まあ旅の直前授業に精出してたのだからこれでいいのだ。そうこうするうちに出発まで1時間切った。タモリ倶楽部の時間までには家につくだろう。

_ [読書] 「禁蜜 ‐義母と叔母とぼく」川奈まり子、竹書房ラブロマン文庫) 双葉文庫、2013。

旅の間も読書にいそしむのは、俺が文武両道ならぬ文歩両道(読み方同じ)を目指しているからだが、この本は一人旅の手持ち無沙汰を紛らす(どう書こうと何となくなまめいてしまうのは何故だ)ために手に取った。分かってる人は分かってるだろうが、著者は溜池ゴロー作品をはじめとする熟女モノAV作品で名を馳せたなかなかの名女優である。この人の作中の存在感というのは大変に生々しい印象があって、美人さ加減も草臥れ加減もなんというか程良くて、すぐ隣に住んでいそうなリアルさがあると思う。だいぶ古いが、「時間ですよ」の隣のマリちゃんこと天地真理が「隣にいればいいなあ」的なファンタジックな存在感を示していたのとは対照的だが、どちらも「まりちゃん」であるところに親父ギャグ的なシンクロニシティを思わない訳にはいかない、一オヤジとして。そんな彼女は役者引退後小説の修行を積んで上梓したのが本書、とカバーの解説からは読み取れる。読めば、ストーリーの綻びも目立つものはなく、主人公の童貞青年(当然冒頭だけのことだ)の初心な体験に及んでの新鮮な驚きは男性視点からも十分に共感できるものだった。特筆すべきはこの種の作品において読者を魅了する重要な要素である性的語彙の豊富さで、女優経験が自在に生かされているように思われた。同時代の作家であり来歴上共通する点もある杉本彩の官能小説と比較することは有意義と思われるが、質においては川奈まり子に軍配を上げざるを得ない。川奈まり子は、AV女優である前はフリーライターであったということであり、性表現においても筆力においても十二分にキャリア形成をおこなってきたということなのだろう。他の作品も読みたいし、彼女の出演作品も鑑賞したい。作中に現われる「玉が下がってくる」というのも機会があれば体験してみたい。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [おかえりなさーい! 旅の最後に温泉とは、疲れがとれてよいですね^^ タモリ倶楽部ねちゃいわなとよいねwww]

_ けい [今見終わったとこ。]


2014-05-03

_ [熊野街道]清水峠。

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

あろうことか、昨夜来風邪気味だ。今朝も遅くまでぐずぐずして、田原にバスで着いたら11:00。小さな峠があり、古道の風情が残ってた。風邪を押して来て良かった。でも紀伊浦神から帰ってしまう。今年も速玉大社にはたどり着けなさそう。まあ楽しみが後に伸びたということだ。

_ うちのオグラが…(三宅裕司)@紀伊浦神14:10

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

かぶりついたらアンコが少ない。動径方向に6割くらい。ということは面積比で4割程度ということではないか。株式会社コモ、あんたのとこのあんパンには落胆した。というわけで列車待ち。清水峠から先で道に迷ってアスレチックモードになり疲弊した。

_ しだいしだいに力が蘇ってきた

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

今日はあちこち見てないからつまらん画像貼る。紀伊田原駅のそばで売ってたので買った。普段より効いてるような気がする。やはりジョースターの血は馴染む…

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [やれやれだぜ。]

_ けい [第三部だいぶ進んだんでしょうな。なんかホテルの中でも俺じゃない誰かの咳が聞こえてる。南紀は意外に寒かった。]


2015-05-03

_ 義経の成吉思汗鍋。

Attachment-1

_ iPadから送信

_ 道庁前のプロムナード。

Attachment-1

_ iPadから送信

_ 豊平川まで来た。

IMG_4146

今朝の散歩。散歩と言うには長すぎた。でも楽しかった。

_ 晩食、父母の人々と鮨。中間目標体重達成することなくたらふく食してしまった。嗚呼。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃ [鍋欲しい! ラム肉も欲しい! ジンギスカンがたべたい! ]

_ けい [この鍋は俺も欲しい。俺んちのは横浜来てすぐ近所のかなものやで買った。ラム肉は結構手に入るので俺は横浜でも週一近く食べ..]

_ うにゃ [週一?いいなぁ ラム肉高くて買えないんです。スゴくジンギスカン欲してきちゃいました笑 ]


2016-05-03

_ 休日なので、円山公園駅が爺婆と孫と彼等にサービスする父親などでごった返していた。父母宅そばの魚屋で頼んだお造りのセットが思いの外旨かったので、また利用したい。翌日から休みに入るのでと、多めに盛ってくれたそうだ。win-winってことだ。


2017-05-03

_ 高橋茉麻のドドンパ!の録画、高橋英樹の日本史侍を見てる。英樹さんの言葉、「味方百人、敵百人」。これは良い言葉だな!どんなに善い行いをしたとしてもやはりこうなのだ。すべての人に受け入れられるような行いをできるなどと思うこと自体が自惚れ。前向きなニヒリズムの一種だ。


_ [ドラマ]ギャルサー

見終わったところ。最終話のひとつ前の回は見たことがあった。高田純次が古井戸の「さなえちゃん」を歌っているシーンを覚えている。


2018-05-03

_ [アニメ] だがしかし

全部見た…と思ったらなんか唐突な終わり方。しまった。第2シリーズもあったのか。GW中におわんない。


トップ «前の日(05-02) 最新 次の日(05-04)» 追記

Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | マンガ | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 自転車に乗って | 食べ物 | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |