トップ «前の日(09-27) 最新 次の日(09-29)» 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2005-09-28 数ヶ月ぶりに抗鬱薬を飲む。

_ 随分寝たのだが気分優れず。抑鬱状態だ。ここ何ヶ月も飲んでいなかった抗鬱薬を飲んで会社に向う。

その後気分は多少持ち直したが、明日はゆっくり休養を取ることに決めた。

風邪と一緒ではじめが肝心なのだと思うゆえ。

思えば道歩きに読書にと、少し無理しているきらいはあった。

_ 『上代の日本文学』

放送大学「上代の日本文学」を読んでいる。半分以上「万葉集」。この後は「懐風藻」などの漢文や記紀、風土記など。ここからが面白いと思う。詩歌の如き芸術は今ひとつ味わいにくい。人間としての共感能力が足りないのだろうか。


2006-09-28

_ 「さくら」のサンプル届く

10/1から神奈川限定で発売される「さくら」という煙草のサンプルがJTから届いてた。

今メインですっているキャメルはタール8mgニコチン0.6mgだが、さくらは7mg/0.6mgでわずかに軽い吸い口。味も悪くない。が、350円なのでキャメルより30円高い。そういえば京都限定の「雅」ってまだ売ってるのかな。去年京都に行ったときにはそんなの全然頭に浮かばなかったが。


2010-09-28

_ 日替わりカップ(火)

TS3M0183

今日のカップ。金曜のと似てるがこれは多分シャム猫。金曜のはアメショ。これで1週間分そろいましたな。

_ [特撮] こんばんは。でっかでか東馬です。

東映チャンネルを視聴していることは以前からときどき書いてると思う。今放映している特撮番組は「仮面の忍者赤影」だったり「キカイダー01」だったり「爆走戦隊カー(ここでおもいっきり伸ばして溜めてから)レンジャー」だったり「仮面ライダーV3」だったりする。赤影なんて本放送見てたときに覚えているのは金目像とかガマ法師とか傀儡陣内とか巨大コマとかのインパクトくらいなのだが、最終回でいきなり身長190cmの怪人があらわれる。その名も”でっかでか東馬”こと大前均というお方。特殊効果なしで、顔の大きさも身長も赤影と比べると大人と子供。たぶんこの怪人の名前は唐沢なをきの漫画で出てきたので記憶にあるのだろう。

キカイダ―01はいよいよビジンダー登場。女必殺拳以前の志保美悦子さん。ミニスカート+白いソックス+ピンクのスカーフで登場するなりいきなりパンツ丸見えのとび蹴りが炸裂してびっくらこいた。そして人間体で軽くシャドウマンを倒した後ニッコリほほ笑んで走り去る後ろ姿は大変に健康的。そしてナレーターが言う。「とても少女とは信じられない彼女のアクションであった。この謎の少女マリははたして何者なのであろうか?」謎の少女と言っておきながら名前がわかってしまっているのはなぜなのであろうか?

_ 特撮番組にコンピューターが導入される以前のことである。特殊効果じゃないのに特殊効果として扱われるさまざまなテクニックがあり、よく目を凝らすと現代の特撮番組にも散見される。実写版「悪魔くん」で使われていたサランラップみたいなのを体に巻いて人が凍っている状態を表現する"手法"を使ってる番組を最近どこかで見たような気がする。白黒の画面でさえちょっとチャチなその手法をカラーでやってしまうという。あるいは悪魔メフィストが「魔力!阿波踊り!」と叫べば役者たちは魔力で無理やり踊らせられる様を演技の力で表現したりしてた。こういう演技をコマ落としと組み合わせると、立派な特撮技術になる。そういう力技は、でっかでか東馬の"実際の"巨体であったり少女離れした志保美悦子の"実際の"体技であったりといういわば「実在する特殊効果」に極まると思い知った。明日も天気悪そう。


2011-09-28 自分の目は信じられない。

_ この目で確かに見た。でも一体何を?

原画

点線は目のガイド

_ 何本点線を引こうと同じことだ。


 おひさま、今日の回を見てたら、陽子の語り口が急速に若尾文子化してきたような気がする。もうすぐ終了。次はカーネーション、10/3から。
 今日の手ぬぐい。 110928_2255~01  今日とか書いたけど買ったのおとといだと思う。これで、綱島イトーヨーカドーにあった手ぬぐいは全種類買ったことに。あ、待てよ。

_ 110928_2259~01

_ これもだ。よく見る柄なので部屋の風景に溶け込んでた。これでイトーヨーカドーにあったやつ全部そろった。これで日常生活の分には十分と思う。あとは気に入った柄をちまちまと見つけたら買うという感じで行こうかな。こないだの仏壇屋にもよさげなのが結構あったし。


2012-09-28

_ プロの味―物産展で買った糠秋刀魚はいまひとつ。再度食べ比べてみて、自家製の方がうまいのだと確認した。昨今の健康ブームなどもあり業者の作るそれはおそらく塩分を控えている。そこが大間違いなのである。身がとろけてしまうほどに塩を利かせなくてはならない。福井ではサバの糠漬けをそのように作って、へしこと呼んでおり、へしこちゃんなるゆるキャラまでいるとのこと。HPでこの子の歌が聴けるのだけど、あろうことかドドンパではないか。


2013-09-28

_ タモリ倶楽部「販売本数1万本突破!ありがとうゼンハイザーMKH416」←おもっきり録画失敗した。つうか容量足りなくなってた。気にはなったのだが。ここ数年で初めての失敗。


_ 今日の英会話。宿題に、中国から訪問するChungさんという人を迎えるダンドリを書いたEメールを書け、と言うのが出ていた。メール本文自体はそこそこのことを書けばいいと思ったのだが、バックグラウンドになるストーリーを考えているうちになんだか本当に会社での会見をアレンジしてるような気になってちょっとプレッシャーを感じてしまった。メールを書くにあたって注意せねばならないことが、俺の会社のChief Officerからメールで来ていた。Chungさんはおもちゃメーカーの社長で、彼の会社の輸出担当のマネージャーと共にわが社と一緒に仕事をすることが得策であるかを検討するために視察に来られる。6/20に来訪して23日に発たれる。ビジネスプランを議論する会議を設定するとともに、わが社の文化・社会活動についても知らしめるよう計らえ。くれぐれも文化的相違に起因するトラブルは起こさず、格別の印象を与えるようにせよ。必要ならば中国ビジネス文化の専門家であるキャサリン・エンに相談せよ。

_ キャサリン・エンのアドバイスは先回ヒアリングのレッスンで聞いている。彼女の言うことでは、彼らとともに謀るにあたってはまず人間的に信頼されることが重要であるから、重要人物であるように接することが良い。彼らは格式を重んじる。もし贈り物をするのなら有名なブランドのものを送らなくてはいけない。化粧品なら資生堂、デジカメならソニーのような知名度の高いものが良い。多少の中国語を覚えることは重要だ。彼らはそれをわれわれが使うことを喜ぶであろう。プロの通訳を雇うよりは社内で中国語を話せるものをあてがう方がいい。人生とは何かとか政治・宗教のような難しい話題は避けよ。贈り物を受け取る際には何度か断りを入れられるであろう。贈り物は赤い紙に包装すると良い。それは彼らのラッキー・カラーなのである。時間は厳守せよ。敬愛を示すことは特段重要なことである。

_ そのようなアドバイスを得て、俺は以下のようなメールを書いた:

_ 「拝啓Chung様

 恙無き耶。御身に拝謁の機会を得て幸甚至極也。6月20日に於いて我空港へ迎えを手向けん。我が社新横浜にありて御身らを「えすこうと」せん。

 於6/21、我社の企業博物館に案内せん。彼方に楊女史なる学芸員ありて展示の説明を中国語にて行わん(※ここでは我社の文化的アクティビティをアピールすることができるであろう。だがこの我社博物館も経営が苦しく昨今は縮小傾向にある)。午後は横浜港なる我社倉庫を案内したる後は横浜なる我社最大の出店を披露すべし。(※宿題には書かなかったが、俺はここで、赤い包み紙に包んだ日本人形をChung氏とその連れにプレゼントするつもりである。だがそのセレクションが適正かどうかは良くわからないので再度キャサリン・エンに問い合わせるつもりでいる。)夜は屋形船にて馳走せん。

 於6/22、我らの向後の業務計画議論せん。なかんずくじょいんと・べんちゅあの可能性語らんと欲す。我朝の食事にも飽くる頃なれば夜は中華街なる著名の食事処にて歓談せん。

 於6/23、前日の会見まとめん。汝こんくるうでぃんぐ・りまあく下さるればこれ我らの喜びともならん。

 さらば6/20にて会わんことこの上無き楽しみ也。此致敬礼(※”Best Regards”と一旦書いたがキャサリンの助言があったので変更した)。けいりう堂(まねいじんぐ・でぃれくたあ、といわあるど社)拝。」

_ このメールでChung氏が何と思ったかは知れない。あとは6/20に向けて社内外の用意を整えるだけなのである。そういうわけで今日のレッスンは少し時間が足りなくなってしまった。

ところで英語で書くべきところを怪しい古文で書いているのは、英語のまずさ(古文だってまずいのだが)を偽装したいこともあるのだが、かいてみると何となく鴎外や漱石が文語体で書いた「舞姫」や「倫敦塔」を読んだ時に感じた異化効果が出るのではないかと思ったからである。上手く行ってるかどうかはわからないが今後もなるべくそういう書き方つづける。


_ またTACATA' の動画見てる。振り付けはよく見ると「そんなの関係ねえ」と似てる。「タカタカー」のとこで3人で両手上げてジャンプ2回するところ、好き。


_ アポジーの新音源が二年ぶりに発売になるらしい。"新曲"って言わずに"新音源"と言うあたりのニュアンスは良くわからないが。この上なき楽しみ也。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ きだ [センセ、こっちくれば多分数週間遅れですゼ。 明日は「秋のコンドロイチン祭り軟骨オブ・ジ・イヤー」。]

_ けい [日曜AM1:00、3週遅れですね。長野だと日曜0:30で1週遅れ。一考に値する。だがこの時間線を遡る感覚は何だろ。]

_ うにゃ [面白かったよ〜(^_^) 空耳は…]


2014-09-28

_ トッキュウジャーと鎧武2週分見てグレートトラバース第4回途中まで見てヨガ1.5h+筋トレして夕食蕎麦。帰宅して軍師官兵衛2週分見たらもう日付変わるとこ。今日のヨガはやけに汗かいた。夏の疲れがどっと出た感じで少し背中の左が痛む。


2015-09-28

_ コトバノドライブじゃなかった。

コトノバドライブ。どっちにせよ意味わからない。言の葉?まだ第1巻届かず。

_ 今日は満月。スーパームーン。

IMG_4839

_ 昨日は中秋の名月で今日は満月。一般に中秋の名月と満月は一致しないんだそうだ。中秋の名月は、旧暦八月十五日と日付で決まっている。雨なら雨月、出てなければ無月。そうかなるほど。


2016-09-28

_ 今日も鬼のように蒸し暑かった。もういや〜ん。ハイ、ブパパブパパ。ちょっと寝不足で仕事も少々辛かった。先日札幌にいたときに深夜見た山田孝之くん主演の「闇金ウシジマくん」が面白かったので漫画の第1巻を古本で取り寄せてみたら、面白かった。ゆるゆる読んでいくかな。もう一冊、デュエルマスターズの漫画もゲームの入門のつもりでやはり古本で取り寄せてぱらっと読んでみたが、もういきなりわからない。これは駄目かな。あと、高野文子さんの「絶対安全剃刀」は先日高橋源一郎さんかな、ラジオで勧めてたので。


_ 日中、突然「それが良い、それが良いと言いました、マル」という古いフレーズを思い出してネットで調べたら出典はどうやら「ひょっこりひょうたん島」。井上ひさしさんの発明か。あの頃、誰もが口にしたフレーズ。


_ 今年のイグノーベル賞も楽しいようだが、なかでも目を惹いたのはまたのぞきすると遠くのものが近くに見えるという日本人研究者のやつで、原論文が無料で読めるようだ。昔から、天橋立はまたぐらから覗くとより美しいと言われているが、その謎が解けた…のかもしれない。ちょっと読んでみるかと。


2018-09-28

_ [新聞を読んで] 豆腐が…(9/28,日経)

現在の食品の「遺伝子組み換えでない」という表示は日本の場合、5%までの混入を認めているということであるらしい。なんか怪しいと思ってたんだが、そうだったのか。表示の厳格化の動きが今年度中にあるかもしれない。そうすると、本当に混入率ゼロの豆腐は300円を超えてしまうかもしれない。豆腐ばかりではないだろう。苦い思い。ヴィーガン志向にも陰り。

_ [漫画] 「猫のお寺の知恩さん 6」オジロマコト、小学館、2018。

「サプライズってありがとうのカツアゲじゃん」、だって。確かにぃ。次巻、知恩さん得度して完結っぽい。

_ 夜ヨガ。股関節ヤバい。帰り道、ジムの最寄駅の前で、決して清潔とは言えない身なりをした初老の男性が、路上に霧吹きで何やら透明な液体を噴霧して、自転車でどこかへ行った。ただの水であることを願う。涼しいけどヨガの後で体が少し発熱している。

_ [漫画] 「トクサツガガガ 14」丹波庭、小学館、2018。

ああ、和む。この漫画、来年1月からドラマで放映される。楽しみ!仲村叶さん役、ポニーテール似合う子だといいんだが。


トップ «前の日(09-27) 最新 次の日(09-29)» 追記

Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | マンガ | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 口グセ | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 自転車に乗って | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |