トップ «前の日(10-07) 最新 次の日(10-09)» 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2005-10-08 矢倉沢往還(大山道)赤坂見附〜渋谷を歩く。

_ [矢倉沢往還][博物館] (大山道)赤坂見附〜渋谷を歩く。

まずはサントリー美術館(休館中)のあたりから本日の”小さな旅”は始まった。赤坂豊川稲荷にお参りしてから表参道駅の辺りへ。昼少し前に蕎麦をいただき、以前良く来た大坊珈琲店でくつろぐ。向こう側に傾いているカウンター、入口の脇の珈琲を飲む女性の絵画、ジャズ、マメの質量と淹れる湯の体積で幾つかの種類に分けたブレンド、カウンター上のヤニまみれの池波正太郎や司馬遼太郎の文庫本。15年前に初めておとづれた時と全く変わらない。珈琲は旨いという以上に勿体無い感じで、茶室で茶を飲む感覚に近い。700円と値もそれなり。日頃飲むのには神田伯剌西爾ぐらいの値と味がいい。伯剌西爾の方がまずいわけではないのだが。

ここより246号を南に逸れて、本日のエクスカージョンが始まった。まずは根津美術館。ここは放送大学の学生証が威力を発揮して一般1000円のところを700円で入る。光琳のかきつばたの屏風が展示されていたが、やはりどうにも価値が知れない。金の地にべたべたといった感じで青と緑が彩色された屏風絵よりも、さび絵と称する焼き物に描かれた寒山・拾得なんかのほうが面白く思われた。さらにそれらよりも、レット・バトラー風のガンダーラの弥勒菩薩や、中国商時代の青銅器の酒を温める器などが面白い。青銅器のブックレットは品切れで残念。そのあと庭園を廻ると、「歴史の道調査報告書」に出てきそうな石仏や道標石などがいくつもあって、金に物言わせてるなあという感が否めず。

さらに南下して渋谷区郷土資料館(100円)、そのすぐそばの国学院大学考古資料館(無料)、少し東へ行って、盲学者塙保己一ゆかりの温故学会(200円)。

国学院では10基ほどの緑泥岩の板碑や滑石製の石枕、無数の土器・埴輪などに圧倒される。図鑑代わりに今後もときどき訪れたいな、と思った。

温故会館は休日は閉館らしかったが、入口前をうろうろしていると関係の方が出てきてくれて、中を見せてくれた。塙保己一の第一の偉業は、各地に散逸していた書物を集めて「群書類従」全666冊分の版木を作成したこと。200年以上経た今でも、希望に応じて刷ってくれるのだそうだ。

金王八幡に参ってまた表参道に戻る。日も暮れ、なじみ深い渋谷宮益坂に至る。本日も20000歩余り歩いた。雨が思ったほどでなくて良かった。


2006-10-08

_ [食べ物・飲み物] 何となく煮物を作る

年の暮れにはいつも煮〆を作って休みの間中冷たいままや暖めなおしたりしてうだうだ食べているが、唐突にこれを食べたくなって、大鍋一杯に作る。いれるものは揚げ・ふき・大根・人参・しいたけが定番で、これにジャガイモや身欠き鰊など入れることもあるが、今回は鶏つくねと高野豆腐を入れてみた。おでん風になる。一番好きなのは汁の滲みた油揚げ。


2007-10-08 奥州道中 一戸から五戸まで

_ [奥州街道] 奥州街道・一戸から五戸まで

道中長いので箇条書きで行きます。

<初日(10/6)>

・携帯電話もGPSも忘れて出発。一戸をぶらぶらして昼少し前に「ひっつみ」とおにぎりのご飯。

・二戸の九戸城(ややこしい)散策して午後五時過ぎる。郷土資料館による時間が無かったのは残念至極。暗い道を供養塔とかたずねて歩くのはちょっと勘弁して、見たいな感じで午後8時に金田一温泉で泊。夕食に出た”ネッコ”(ホウキタケ)の歯ごたえ。10本くらい食べたかった。

<二日目(10/7)>

・早朝宿から馬渕川ながめつつクールな空気の中を散歩。出発直前に宿で飴ちゃんをもらった。

・蓑が坂なる難所の手前、稲荷清水なるを見つけ立ち寄る。そこにいたおばあちゃん二人としばし話。りんご二つもらった。

・「キタキタキター!!」と騒がしく蓑が坂頂上につくと、人がいて気まずかった。この方は反対側から登ってきた人で、最近まで働きづめで胃も肺もやられてしまったが、地元の山々を歩くうち、そういうこと(ウォーキングとか山登りとかそういうこと。つまり人でなしの趣味)にはまりつつあるという。私の持っていた1/25000地図に興味を持ったらしい。かの人はこの先も、歩くために節制を心がけ、体力をつけ、地図の読み方を学び、そしてきっといつか街道を歩き始めることだろう。このようにして、ウォーキング・ピープルは幸福になっていく。

・南部氏の御霊屋を尋ねる道の途中で日が暮れる。宿は山を越えた向こう側の五戸。仕方なく三戸駅に行き、八戸に出てバスで宿へ。思いのほか、飯も風呂も良く、部屋には真新しい畳の匂い。

三日目の話は寝ておきてからにします。


2009-10-08 キャベ2のお茶。

_ 台風で会社には遅れ気味だった。

オフィスでお茶入れるつもりのお湯に、間違えて手に持っていたキャベ2を入れてしまった。

キャベ2の袋には「ウコン配合」と書いてあったので、勿体ないしお茶として飲もうと思った。しかもひと袋だと味が薄かったので2袋入れたけどまだ薄い。

薬が効きすぎるのも何なのでミントティーなら味が合うだろうと思ってポンパドゥールのミントティーをさらに追加。すると結構厳しい味になった。

が、無理して飲んだら胃がすっきり。おためしあれ。嘘です。


2010-10-08 トレーニング・自転車のことなど。

_ 「まる特マガジン 体のうちから元気UP 体幹トレーニング」

NHKで最近始まった5分間番組。5分と言う短さとは言え、素晴らしい番組だ!座り方と立ち方からの講座と言うのが良い。座骨で座る(仙骨で座らない)。足先を90度に開いて一度膝を曲げ、そのまま伸ばしていくとともにかかとを上げてから、ゆっくりかかとを落とす。これが正しい立ち姿勢。歩くときの手は肩甲骨から振る。スクワットは椅子を使ってやると姿勢を覚えやすい。腰を落とした時に深く座らないように。ポイントが分かりやすくて大変役に立つ。スクワットやってヒップアップを心がけよう。

_ [自転車に乗って] 自転車に乗ってて思うこと。

近頃は買い物とかジム通いにチョイ乗りということが多い。うちの周りは坂が多いが、足を突かないで登れるようになってきたのは良いことだと思う。電動自転車のお姉さまとかを結構見かける。なんとなく熱が冷めてきたようにも思われるが、まだ自転車ブームではあるのだろう。涼しくなってきたので自転車生活は爽快。夜風を感じながら橋を渡ったりすると何だか良い気分になる。

だが、自転車に乗っている立場からしても、ルール無用の自転車乗りが多いことには憤慨してしまう。どう考えても交通ルールを知らずに乗っているとしか思えない人は結構いる。

_ これだけは止めてほしいこと その1:車道の逆走。

知らない人が実は結構いるんじゃないのか?自転車は車道では左側通行が正しいのだが、路側帯を逆走してくるヤツが結構多い、老若男女問わず。昔から自転車に乗ってるおじいちゃんなんかは多分若い頃歩道を走る習慣が無かったんじゃないかと思うが、ちゃんと左側通行を守っていることが多い。中には始め歩道を走ってたのに、途中で歩道が途切れたために、あるいは前を歩いている歩行者が邪魔になって、そのまま車道に出て逆走しているパターンも多いようだ。

これだけは止めてほしいこと その2:夜間の無灯火走行。

これをやってる自転車の多くはダイナモで点灯させるタイプのようだ。ダイナモを使うとペダルが重くなるのはわかるけど、そんな非力な足で自転車に乗るのならばLEDライトを買って付けなさいよ、と私は言いたい。

ほかにもいろいろ気に障ることはあるけど自分も100%ルールを守れている自信は無いので多くは言えない。でも自転車も車両の一種だという自覚は浸透しているとはどうにも見えない。人とぶつかればそれなりに重大な事故になることがなぜ想像できないのか?これでは遠からず取り締まりが強化されることになってしまうだろうが、そうなっても止むないしその方が安心できるとも思う。乗る立場の意識にも問題があるのだろうが、自転車を販売するときに交通ルールの確認をすることでもずいぶん意識は変わることだろう。というか学校じゃ教えてないのか?

_ 「今年のノーベル賞はいいねえwwww」

「痛いニュース」より。ホントにねえw。

_ なんか、逆走する自転車と自動車やバイクの事故になった場合にはほとんどのケースで自動車・バイク側の過失になってしまうそうだ。ルールを知らないどころか、知っててやってる人間もいそうな気がする。腑に落ちんなあ。


2011-10-08

_ ピンネの夕陽。

TS3M0378TS3M0379

西の方はあまり障害物のない空知の平野である。住んでた頃は当たり前の風景だった。昔はものをおもわざりけり。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ うにゃにゃ [北海道の綺麗な夕日ありがとう!やっぱり寒いですか??]


2012-10-08

_ [身延道] 長峰三里。

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

朝早く身延線で富士、東海道線に乗り換え興津、そこからバスで但沼車庫前、さらにバスを乗り換え宍原車庫前。宍原車庫前は、長峰三里の入口にはかなり近くて都合が良かった。そして、身延道最大の難所という尾根づたいの道へ。

_ 無事踏破、コーヒーで祝杯。

__.JPG</p>
<p>Content-Disposition: inline;</p>
<p>	filename*=iso-2022-jp%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

入口の辺りが藪で隠れていた以外は、踏み跡も明瞭で、また最近設置されたのだろう新しい表示板の助けもあり、ゆっくり三時間ほどかけて踏破。久しぶりに俺のエスビットストーブが文字通り火を吹いて、暖かな日差しの中で一服立てて一口羊羹ぱくり。良い旅になった。

_ [超歩行者キュウカイダー]序章。

万沢の宿場を出て十島に向ってる@13:50。歩きながらいつの間にか新キャラを発明した。俺の名は「超歩行者キュウカイダー。こいつァ奇妙だ!」 一応歩行者と超歩行者の違いを書いとくと、まず歩行者は道の上をあるくが、超歩行者は道無き道も歩く。旧街道は廃道やすでに消失した元・道も多いため。さらに、超歩行者の場合、歩くべき道を歩かないことも多い。これは違法な通行手段を断行することを(必ずしも)意味しない。余りにも長く歩き過ぎて疲弊が極限に達した場合、比較的近くに辿るべき道があったとしても、そこを正確に辿ることが心理的の嫌悪を引き起こしたなら、さまざまな言い訳の語彙を駆使して楽な経路を辿ることも多い、ということである。さらに超歩行者は、歩行することに歩行すること以上の意義があると信じている。このことは長くなりそうだからそのうち紹介しよう。次回の超歩行者キュウカイダーの活躍や如何に?刮目せよ!「こいつァ奇妙だ!」(続くかも)


2013-10-08 あぱらちゃのもげーた!

_ 10月だというのに蒸し暑いのは日本海側に向かう台風のせいか。

_ [漫画]「水木しげる漫画大全集」048

少年マガジン版。テレビドラマ「悪魔くん」放映とシンクロしている。初めて悪魔を呼び出そうとして地霊の大きな手だけが土から出てくる印象的なシーンの直前、コマワリを無視したゴロゴロゴロという地鳴りの擬音。これもまたジョジョを思わせるような表現だ。メフィストはTV版同様にさまざまな魔力を使う。特に魔力絶対零度を得意とする。ほかに魔力重力落しと、これはTV版には出てこない魔力細胞変化。それから魔力つの電気。収録されているテレビ絵物語悪魔くんは梶原一騎の構成で、メフィストを「真吾のテレパシーがつくった奇怪な友人」と紹介している。話の中盤、油すましなど日本の妖怪たちが登場する。これに対抗しようと悪魔や魔女を魔方陣で呼び出すメフィストの呪文は「サトイモエッサイム われは急ぎうったえたり」である。すばらしいセルフパロディ。
 物語の随所に「あぱらちゃのもげーた」という呪文が出てくるが、水木さん本人にさえもはや意味が分からなくなっている。語感はすごくいいね。


2014-10-08

_ 快気、月蝕。

IMG_3039

_ 整形外科行って、もう腰痛くないって言ってきた。もう来なくていいと言われた。快気だ。買い物してバス待ってたら、月が欠け始めていた。帰宅して少し待ってたが、雲隠れにし夜半の月かな。夜半って夜中のことかな。あまちゃん見て常夜鍋。


2015-10-08

_ [漫画] 『鉄風 8(最終巻)』太田モアレ、講談社、2015.

無事最終巻が出て良かった。俺はゆず子が再起不能なくらい悲惨にやられてしまうんじゃないかと想像してたが、結果真逆だった。夏央がなぜ「全力を出し切って結果に届かない それで人目も気にせずわんわん大泣きする」ことを望んでいたのか、ちゃんと描いてくれてて良かった。面白かった。


_ エレコムのBLUETOOTHヘッドホンは安くてそこそこの音質なので良かった。サポーターがついてなくて外れやすかったがイアパッド買い替えてそれも解決の見込み。iPhone本体を触らずにコントロールできるのが何しろ良い。ああ良い…。


2016-10-08

_ そういうわけでBDの堆積層を編年してしかるべきところに収納する作業。やっと半分ほど終了した。たけしのこれがホントのニッポン芸能史。懐かしいのがたくさん出てくる。大瀧さんにはもっと長く活動していただきたかった。


2017-10-08

_ [漫画] 「トクサツガガガ」丹羽庭、小学館。

こういう漫画があるとは知らなかった。読んでるうちにどんどん特撮が見たくなってしまう。しかしこれ、ネタ続くんだろうか?続く。


トップ «前の日(10-07) 最新 次の日(10-09)» 追記

Categories | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | マンガ | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 自転車に乗って | 食べ物 | 食べ物・飲み物 | 食事 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史