トップ «前の日(05-05) 最新 次の日(05-07)» 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2006-05-06

_ [矢倉沢往還] 厚木〜大山〜鶴巻温泉

このごろ音楽聴きながら歩いている。フジファブリックとeufoniusがメインだが、ときどき楳図かずお「闇のアルバム」の音楽が流れる。「おろち」のオープニングには全然馴れる事ができずにギクッとする。それはさておき、始発の電車で厚木に向い、そこから大山を目指す。遠くから見ると富士山より高く見えるが近づくにつれて「ウホッ結構低い」と見えてきた。とは言え三の鳥居についた時点でもう歩数は軽く2万歩を越えている。それに登り道には極端に弱いんだよね。というわけで下社に着いたら午後4時を過ぎてしまっていたので頂上の上社に行くのは諦めた。下社から相模湾が見えた。とりあえず大山参りはこれで三度目になる。次回はバス&&ケーブルカーを駆使して下社から上社を目指そうと思う。

さて帰りは下社から追分までケーブルカーで降りて、そこから関東ふれあいの道を歩いて降りていった。下り道は得意なんだよね。途中、「伯母様」という名前のバス停を通る。以前大山参りをしたときに始めて見つけて感動したのだが、1997年に、この地名の由来などを記す石碑が建てられていた。名のある武将の伯母さんの領地であったと言うことだったが、わたし的には”ふともも作家”牧村僚の小説に出てくるような伯母さんであって欲しいところだった。その後、三宮比々多神社の近くでダイドーの自販機で水を買ったら当たりが出た!この15年くらいの間で初めてだ。すげーうれしい。比々多の神様にお参りして謝意を表した。そしてずっと歩いて鶴巻温泉へ。陣屋でご飯。相変わらずあとからあとから料理が出てくるのに感激。お鍋が出てきたときにマロニーが入っていたので、何となく「あ、マロニーちゃんですね」というべきところを何を間違えたか「あ、ムーニーちゃんですね」と言ってしまった。まかないの女性に「だいぶ違います」と言われて、そのあと鍋からマロニーが出てくる度に独りで笑ってしまった。食べてから温泉。

鶴巻温泉から町田経由で帰ってきた。町田にはいまだにヤマンバがいた。自宅に着いたら歩数49148歩。


2009-05-06 女心の不思議。

_ [漫画・アニメ] やまだ紫さんがお亡くなりになったそうな。

この人の作品には高校の終わり頃か大学の入りたての頃に出会ったのだと思う。「ガロ」という雑誌に出会った頃。その頃の「ガロ」は漫画家に原稿料を払わないというポリシーだったと思う。単行本はとても丁寧な作りだった。長井勝一さんがやっていた頃。

同じ雑誌には近藤ようことか杉浦日向子とかも載っていて、この人たちの作品は当時のメジャー誌には載りようも無い特異な(と見えた)感覚に基づいて描かれていたように思われた。中でやまだ紫さんは、「性悪猫」の猫たちに託された微妙な心の動きや、「ときどき日だまりで」などに描かれた女性の物の見方というものに驚かされた記憶がある。それまでの自分にとって女性はボンドガールとかイデオンのカララさんとか原悦子みたいな男性目線で作られた表象だったのだろう。現実生活では当時付き合いのあった女性の考え方にいつも驚かされ、最終的には何も分からないままに離れていったという時期と重なっている。その人から贈られたのだったか、僕がその人に贈ったのだったかもう忘れたが、「性悪猫」という本のやり取り(やったかとったかのどちらか)が二人の間には確かあったはずだった。その頃の想いと重なって、以来その本を手元には持っていないと思う。ちゃんと掃除すれば出てくるかもしれないが。

そういうわけで、やまだ紫の作品は好きだけれど何か畏れのようなものも感じつづけていた。それでなのか、今、ああ、とうとう…、という幾分安堵したような変な感じがある。その頃に付き合いのあった彼女の訃報に接したとしたらやはり同じようなことを感じるのではないかと思う。彼女たちには責められるべきところは無い。女性と言う存在の大きさをあまりにも直接的に彼女らに投影してしまった私に落度があるのだ。


2010-05-06

_ [下田街道]GW行脚5日目:熱川から伊豆高原へ。

路傍の石仏も有情である。宿の伊東駅でコインロッカーに、歩いている最中は不要な荷物を預けてから電車で熱川へ。昨日よくわからなかった峠を歩き直した。 稲取の灯台の先の道はいつぞやの地震で崩落気味。しかし地元の方が、注意すれば通れると教えてくださったから通った。 伊豆高原で日暮れ間近。だいぶ疲れもたまっていた。 伊東駅に降りて駅前の共同温泉で汗を流す。熱い湯で広くはないが大変さっぱりした。値段も銭湯と同じくらい。伊豆の思い出をかみしめんと、すし屋で軽く飲み食いして帰宅。

2011-05-06

_ 休み明けの仕事ゆえか疲れる。会社帰りに微分じゃなくて差分の計算に関する本を借りに図書館に行く。パソコンのHDDの容量が足りなくなって外付けディスクも購入。画像データ専用にする予定。足取り著しく重たし。


2012-05-06

_ たれにつけた鶏肉を天日干しに。いい天気だ。


2013-05-06

_ 連休最終日。旅の疲れが引かずだいぶ寝る。川奈まり子の本届いたがあまり読まず。


2014-05-06

_ 調子よろしからず。こないだの旅の補遺的な画像いくつか挙げる。

飛び出せお嬢ちゃんが…飛び出せお嬢ちゃんが…
大島の夜。イカ釣り船だろうか大島の夜。イカ釣り船だろうか
トルコ記念館の壁面のタイルトルコ記念館の壁面のタイル
ホーロー看板ホーロー看板

2015-05-06

_ ウォーキング2時間ほどして体重計ったら中間目標値をクリアしていたので寿司食いに行った。しかし店が悪かったか時間が悪かったか地の利が無かったか或いは食べたシチュエーションゆえか、先日父母と食した札幌の回転ずしトリトンの寿司の方が旨かったのだった。寿司屋は落ち着かんね。落ち着いて食える寿司屋は菊名の大益ずしくらいだ。絶品とは言い難いのだが。まだやってるのかな?とまれ、次にホントの目標に達したときに何を食べるのを楽しみにすべきかがわからなくなっていて困っている。新米で一升飯食うとかが良いか…。いや事によると、食い物でモーティベーションを上げることはもはやできないのかもしれない。。。そのあと筋トレ。連休の疲れを感じた。


_ 近ごろの愛唱歌はミュージカルの音楽なのだ。と言っても劇場に行ったことは無く映画でしか見た経験が無いしそんなにたくさん見てるわけでもなくて「ラ・マンチャの男」の「見果てぬ夢」と「ジーザス・クライスト=スーパースター」の「スーパースター」が今の愛唱歌。前者はstupidなおじさんである俺にとっては「マイ・ウェイ」以上にテーマソングのような歌と感じて感情失禁を禁じ得ない。もちろんピーター・オトゥールのイメージだ。この曲は映画を見る前から好きだった。俺は映画少年ではなかったが、映画音楽少年ではあったと思う。FM放送でエアチェックした中この映画の序曲があり、その一節がこの「見果てぬ夢」である。最近買ったアンディ・ウィリアムス(この人は映画主題歌に詩を付けた曲をたくさん歌っている)のベストの中にも入ってる。見果てぬ夢を見て、打ち負かせぬ敵と戦い、耐え難い悲しみを耐え、勇者も行かぬ地を行く(『勇者ならば行かない地』と言った方がいいだろうか)。これがわが冒険。星を目指す、如何に望み無く如何に遠かろうと。ドン=キホーテはどのように修辞しようとも愚か者以外の何物でもなく、ただ愚かであることによる可能性だけを持つ人物と思うが、ドン=キホーテもちゃんと読んでないからそれでいいのかわからないのだ。ミュージカル音楽と言うか映画音楽の流れで、「ヤング・フランケンシュタイン」でヤング・フランケンシュタインとモンスターが踊るタップの曲も歌ってみたいと思って調べると、元はフレッド・アステアの"Puttin' on the Ritz"という曲だ。それでアステアの映像など見てみたが、この人を超えるダンサーは人類史上にいるのだろうか?などと思って感心した。古い映画、たくさん見たいな。古典もたくさん読みたい。


_ むっちゃ気づいたよ今。高島礼子と高梨凛って似てる。


2016-05-06

_ GW札幌最終日。だいぶ曇ってる。昨夕は随分とウミネコが鳴いていた。ウミネコが海辺を離れて市街地に棲むようになったのはどういうことなのか。
滞在中はいつものことだが、また少々カロリー多めの食事となってしまった。今回は、街のあちこちにまだ転がっている学生時代の想い出の残滓に多く触れることとなり、当時ほぼ毎日感じていた飢餓感のようなものが蘇ったのかもしれない。私にとってはここはそういう記憶の街であるのだが、今に暮らす人々にとってはまさに変貌し続ける(そしてそうあるべきと信じられている)街でもある。そのことはこれまでに多く歩んできた旧街道を歩く旅で感じ続けた感傷と同様であるのだが、それと決定的に違うことがある。この街に、記憶の保存装置としての金石や建築、そして生活と濃密に絡んで発達した道特有の曲線(地形の上に住民の生活によって刻まれた音溝!)といったものはさほど多くはない。それらは保存する意図がなければ30年もすれば消えてしまうだろうし、その前に、旧式のデータフォーマットや記録媒体のようにデコードすることがまずできなくなる。再生できなくなった記録媒体が保管のコストを削減するために処分されることは生者必滅の習いに似る。史跡が史跡となるためには、それを惜しむ人の想いが必要なのだが、旅人はその地の変貌をただ受容するのみ…ああ、けれども思い出した。旅人にもまた記憶装置の一部、言わば冗長回路のような役割が分担されていたではないか。それはこんな風に拙くはあっても紀行を綴るということだ。かくして夜は明け、街中に暮らすウミネコは再び鳴いたのである。


_ 残念。

父の人の引き出しから富士通のFDアダプターせっかく見つけたけどドライバがなかった。電池買ったのに。早まった。


_ そういうわけで、物だらけの自宅に帰宅。
 届いていたもの:

  • ゆうきまさみ「白暮のクロニクル 第8巻」
  • スレータ・フランク『理論物理学入門上下』1963、岩波書店
     後者は上下巻共に1968年の第五刷なのだが、思いのほか状態が良い。もちろん函は背中が黄ばんだりしてはいる。ぱらぱらとめくってみると、減衰振動や強制振動を二階の微分方程式であらわして解くという学生時代に演習でやったあたりにはじまって光学の回折現象なんかまで書いてある。ラグランジアンもハミルトニアンも当然のように現れる。改めて見るに、すごく良い本だ!なぜこの本をずっと欲しいと思っていなかったのだろう。我ながらすごく不思議。たぶん理論物理と言うものに対して崇高で近づきがたいものを感じていたから、そこに手を出そうとしていることを人に知られたくないとかそういうつまらなく不自由な抑制がかかっていたんだろう、心理的に。まるで中世の暗黒時代にでも生きる人の様に不自由な心を持っているのだな、私は。
     そうだ、購入価格のことを書いておかないと。当然古本で購入したのだが、1968年当時各巻700円だったこれらの本は、今回送料込みで1700円程度で購入できた。おおむね出版当時と同じ値段でこの良書を入手できたのは幸運なことだったと思う。


  • 2017-05-06

    _ 昨日に続いて蒸し暑し。図書館行って買いもの行って寝床をちょっと片づけ。漫画のマウンドがだいぶ小さくなった。今夜は足を伸ばして寝れるかな!


    2018-05-06

    _ 自家製の蕗入りの煮物!

    IMG_8286

    _ 放送大学の課題で都合2時間くらいの動画を見ていたために日付変わった。昨日のことだが、家の裏側の桜を切ったことはすでに書いた。お父さんごめんなさい。桜を切ったのは僕です。正直に言ったので許して下さい。というわけで、さらに草もぼうぼうだったのでちょっと除けておこうと思ってごそごそしていたらお隣さんが現われて「大変ですね」と言って草刈りばさみを貸してくれたんである。本気でやる気はなかったのだが道具を借りた手前ちょっとは真面目にならねば、という雰囲気となったので、45Lのごみ袋に都合2個分の草刈りとなった。まだ残ってるので道具は借りたまま。だが良いこともある。日陰なのだが、5−6本ばかり蕗が生えていたのだ。ひょろっとしてるが厚揚げやひじきなどと合わせると3−4食分ほどのおかずになったのである。筋取りちゃんとやったけどいっぱい残ってる。でもさすがに取り立てでなかなか風味が良いのだった。もうすぐドクダミがいっぱい生える季節だ。うっとおしいけど久し振りに採集して陰干しにして有効に使うとするかな。ちな画像は半分ほど食べた後に思いついて撮ったもの。インスタ映えとか一切関係無いからな。作ったものの記録に過ぎないという。


    _ 明け方、変な生き物の現れる夢を見て目覚める。悪い目覚めではなかった。妖怪のイメージはこんな時に生まれるんだろうか。ちょっと寝不足。

    _ [特撮] 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

    おお、百合展開ww


    _ 夕ヨガに参加してから夕食摂りつつ「ももクロChan」の録画視てるんだが。こってりパトロール、ホントに完食してるのか?すげえよなあ。。。


    _ [特撮] バトルフィーバーJ

    第15話。とついに電光剣唐竹割りがさく裂。これからどんどんと定式化へと進んでいくであろう。。。

    次いで第16話。ジャッカー電撃隊に出ていたミッチー・ラブがエゴスの手先の格闘家として登場。相手役にジャガー横田。ミッチーの唇エロす。今回の戦闘員(カットマン)みんな網タイツ履いててエロすwww みんな男だよなー。今回の怪人である格闘技怪人は大前均という人で、人間体がそのまま巨大化して格闘技ロボとなっている。第12話のバラリンカも同様で、これは着ぐるみを作る必要がなくて良いかもなーと思う。ちょっとウルトラQの「変身」とか巨大フジ隊員とか巨大化したケガレシアとか思い出しちゃうよ。

    さらに第17話。懐かしの大泉滉さんが登場。今回の怪人は青筋怪人。なぬ、ゴレンジャーの青筋仮面と関係あるのか?やっぱり怒る時は青筋を立てて怒るのか?とってもコミカルな回。


    トップ «前の日(05-05) 最新 次の日(05-07)» 追記

    Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | マンガ | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 自転車に乗って | 食べ物 | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |