トップ «前の日記(2012-12-19) 最新 次の日記(2012-12-21)» 編集

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2012-12-20 [長年日記]

_ [カムバック!マイ中二時代] 『むちむちぷりん』宇能鴻一郎、徳間書店(1975)。

別に中学の頃にこういうのを読み漁ってたというわけではなく、中学の頃にこの人の存在を知ってしまって今になってリファーし始めてるというわけだ。諸君、「むちむちぷりん」はここから始まったのだぞ、たぶん。それにつけても退廃的なんである。一応私は出版当時の状況も楽しみたいと思っているので古書も極力カバー・箱・帯つきのを選んで買う。全集ものの場合は月報が入ってないのを買う気がしない。そんなわけでこの版の帯にいかなるあおりが書かれているかを紹介することにする。たぶん意識的なのだろうが、小難しい漢字も言い回しもほとんど使わない平易すぎる日本語である:
「人妻が告白する性の遍歴─あたしのからだ、見るからに男性をひきつけるんだそうです。どこもここも、ムチムチとして、プリンプリンしてるって、よく言われるんです。
 ─あたし、浮気の相手に、クタクタになるほどせめられても、夜、主人と同じおフトンに入るときは、さらにはげしく、してほしく、なるんです。あたしって、悪女かしら…。」
 何度も言うようだが宇能鴻一郎は男性作家である。1934年生まれであるから、この作品が出た時は41歳である。男性としては元気であればまさにこのような作をものするための知識は十分ということになるだろう。で、どんな顔してるのかと思って画像検索したら、「官能検査室」と窓に書かれたまじめな検査室の画像が出てきて笑った。官能検査と言うのは量的に検査できないものを風合いとかそういったヒトの五感を頼りに検査する方法のことだ。官能的な検査ということではない。「女医も濡れるの」(←そういう作品があるんだよ)、とかそういうわけではない。ウィキペディアで検索すると「日本官能評価学会」とかでてきてさらに笑うぞ。もちろん大会も開催してるぞ。ビバ!めくるめく官能検査の世界。

_ ところで宇能先生だが、修士論文が「原始古代日本文化の研究」である。古代日本文化ならわかる。奈良や平安のことだからな。だが原始時代に文化と呼べるものがあったというのだろうか。そういう意図を持つタイトルなのであればぜひ読みたい。が、残念ながら国会図書館に所蔵されていたりはしないのである。博士論文ならなあ…。宇能鴻一郎全集とかでないのか?


トップ «前の日記(2012-12-19) 最新 次の日記(2012-12-21)» 編集

Categories | Python | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 口グセ | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 殺害された言葉 | 自転車に乗って | 食べ物・飲み物 | 食事 | 食品物理学 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 川越街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史 |