トップ 最新 追記

けいりう堂日記

   RSSフィード:http://alpha-ralpha.com/diary/index.rdf


2017-10-01 [長年日記]

_ [特撮] スーパーヒーロータイム

 時間帯変わった。そしてキュウレンジャーでフルタの変なCMが復活。これを待ってたよ。満たされた…。

_ 実は今日は朝にスーパーヒーロータイムを見ながら野菜ジュースと豆乳を飲んだきりで食事をとらずに夕刻のヨガに出かけた。ひもじい感じが全くしなかったのは、昨日の肉がまだお腹に残っているということだったかもしれない。ヨガの時間、先週会得したと思ったアルダ・ウッターナサナの腰の向きが全く間違ってたことに気付かされた。直立する時は尾てい骨を下に向けると骨盤が立つ。その感覚でいたのと、なんとなく頭の中では骨盤の上のところで前屈するように考えてしまっていたのが誤解のもとだったのだと思う。今読んでる「少女ファイト」の中に、合宿中に断食をするというテーマが出てきて、絶食している方が動きが良くなるということが書いてあった。私は2食抜いただけだから絶食と言うほどではないのだが、まあ動きは悪くなかったし、集中できたと思う。一時間のクラスはあっという間に終わった。そんなわけで直虎の録画を見つつ今は生野菜をいくつか食べてるところ。


2017-10-02 [長年日記]

_ [ヨガ] 夜ヨガ。

何週間も行ってなかったクラスに久しぶりに参加。インストラクターさんが鶴太郎氏のことを絶賛してた。おなかの筋肉を使って内臓をマッサージするナウリ。思考と体の動きを結びつけるのがヨーガだ、という。ヨーガ=結(ゆい)ということだ。まあクラスで練習したポーズはまったく思い通りに動けてはいなかったのだが…。


2017-10-03 [長年日記]

_ [食べ物・飲み物] ミノカサゴを食す。

 スーパーで塩イクラを買おうと思ったら見慣れない魚があった。ミノカサゴって書いてあった。それってヒレに毒のあるヤバい魚じゃあ…
IMG_7282

_ しかし見たところ凶暴性は慎重に取り除かれていたようなので購入。あまり市場には出回らない魚なのだそうだ。俺だって初めて食べるし食べられるとは思ってなかったよ。

IMG_7283

_ ショウガ、イシル、みりんちゃん、醤油、酢、砂糖など適当に混ぜた汁で、紙の落し蓋をして少々煮込む。

IMG_7284

_ できた。煮るとさらに凶暴な風貌だ。身は締まっていて淡白。思いの他いける魚だった。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ きだ [み、ミノカサゴって食べられるのですね。で、普通に売ってるんですね! そんな珍魚でも美味しそうに料理されるあたりはさ..]

_ けい [ヒレを取り除いて売られてたので買ってみました。魚売り場の人は脂汗かきながら下ごしらえしたんじゃないかな、なんて想像し..]


2017-10-04 [長年日記]

_ 名月が

FullSizeRender

_ 名月が 雲に隠れて まあいいか


というわけで夜のトレーニング。あ、エッチな意味じゃないですよ。なんか今日は一人ヨガも筋トレも充実感があった。ほんの少しだけどハヌマーンのアーサナに近いこともできた。一つ一つのマシンでどの筋肉に負荷が掛かっているかを実感することができた。これら一つ一つの些細な達成感によってヨーガが成り立っているということではないだろうか。なりたい自分にわずかずつであれ近づくことが、思考と動きと身体を「結ぶ」ということなのではないのだろうか。生活すべてがこんな感じならアタラクシアは実在するということも嘘とは言えないのではないか。少なくとも今宵はそう思える。明日はまた違うかもしれないが、一つ確かなことは、この実感は決してチートによって得られるものではないだろう、ということだ。

_ そんなこと考えてるうちに望月が現れた。

IMG_7289


2017-10-05 [長年日記]

_ 北ウィング、パワーラウンジ。

IMG_1361

黒の紙ナプキンがカッコイイ。連休になるので、親爺殿の御機嫌伺いに向かうところ。

_ 千歳、着きにけり。

IMG_7294

機内で「ベジタリアンの医学」(蒲原聖可)、読了。細やかなところにあまりとらわれること無くさっさと読めたのは自分にしては珍しい。カッコいいスカイマークのロゴのついたブックカバーは、エチケット袋-いわゆるゲロ袋を開いて作った。防水仕様です。

_ ハロウィン仕様のクマさん。

IMG_7295

手荷物受取場にて。


2017-10-06 [長年日記]

_ 夜の中島公園に来てみました。

IMG_7314

油断すると風邪をもらいそうな寒気、気の早い木の紅葉、懐かしい白樺、水面の灯り。そういったもの達が寒しく健気に私を迎えていた。折しもiTunesはバルトークの弦楽四重奏を奏で、それからそれではあんまりだと思ったのだろうか、すぐにポール・マッカートニーのLet 'Em Inを歌い始めたのだった。


2017-10-07 [長年日記]

_ [食べ物・飲み物] 茂ラーメン、11杯目。

昨日は父の人と外付けHDDと外付けDVDドライブを買いに行く。父の人にとっては久し振りの電気店訪問とて、殊の外お楽しみであったようだった。その外付けHDDに、今日、Cドライブを圧迫している画像その他を移動せんとする矢先、一緒に来ていた1番年下の甥の人がゲームをしようと無造作にタブレットPCを持ち上げようとしたため、思わず大音声で叱りつけてしまう。普段ヘラヘラしてる髭のオヤジが突然シャレにならないようなおめき方をしたことにかの人はひどくショックを受けたようだった。いい薬なのか身毒となってしまうのかはわからないが、こちらとしてはまたしても我が身の大人気無さを悔やむ事しきり。
それはそれとして、11杯目を食すべく、北24条通りへ。店に入ると、驚いたことに先代の親爺どのがコンロの前に立っているではないか。そして食したは、一見味噌スープを思わせる醤油(あれ、塩かな?)スープのシナチクラーメン。柔らかな大量のシナチクはもちろんとして、他にもやし、海苔、刻みネギ、カマボコ、そしてこれが目を惹くのだが、薄切りの厚揚げ。なんか字面だけ見ると形容矛盾してるように思えてしまうが、ともかくそういう具が入っている。整然たる律に従う軍の中に必ず一点奇策を盛り込む『蒼天航路』の曹孟徳の如き一品ではあった。塩っぱくて旨し。
帰り際、後から出て来た今の主人に尋ねると、夕食の時間でたまたま先代と交代してたらしかった。素晴らしいシルバー人材活用である。

_ というわけで、お待ちかね(?)スカイマーク機内誌のクイズのコーナーです。今回も2問間違えた。その1:頭ぶつけるとみっともなくなる鳥は? その2:ジョーはあるところに行くとすごくビックリする。どこ?答えは来月以降(機内誌が月替わりのため)。

_ ではまた、新千歳。

IMG_7331

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ きだ [書いちゃってもいいんですかね? ぶカッコウな衝撃ジョー!]

_ けい [果たして正解は? w]


2017-10-08 [長年日記]

_ [漫画] 「トクサツガガガ」丹羽庭、小学館。

こういう漫画があるとは知らなかった。読んでるうちにどんどん特撮が見たくなってしまう。しかしこれ、ネタ続くんだろうか?続く。


2017-10-09 [長年日記]

_ [読書] 「迷宮の花街 渋谷円山町」本橋 信宏、宝島社、2015.

寝不足を覚悟で読みふけってしまったわけ。以前「東電OL殺人事件」(佐野 眞一)を読んだときの何とも言えない怪しさが甦ってくる。この本読んで初めて知ったのは、三善英史の「円山花街母の街」のモチーフがこの渋谷・円山町にかつてあった花街であるということだった。とても追い切れない深い世界だ。とらわれないようにしなくては。。。


2017-10-10 [長年日記]

_ しょんないTVの録画見た。藤枝駅前に、しょんないTVのデザインマンホールができた!マンホールのカードとかもあちこちの自治体で作られていてもう私の手におえるような趣味じゃなくなっているのが淋しい。


2017-10-11 [長年日記]

_ [読書] 「売笑三千年史」中山太郎、ちくま書房(ちくま文庫)、2000./「ユリイカ 総特集みうらじゅん」、青土社、2016.

売笑三千年史は柳田国男が認めた大著といって良いような真面目な民俗学の本。猿田彦はもともとサダヒコであって案内者という意味であると書いてあってハッとさせられる。私にはその説を肯定することも否定することもできるほどの知見がない。深い知識あってこそ論じることがはじめて可能になる。そういうことは多い。その一瞬だけ聞き手を納得させてお仕舞い、という浅薄で刹那的な論ではなく、普遍的なことを論じていられたら良い。みうらじゅんのユリイカは多くのみうらじゅんを知る人たちの証言というかインタビューを含んでおり、みうらじゅんという現象が民俗学の1つの流儀となる(かもしれない)50年ほど先の未来において真価が生まれるものとなるかも知れない。10月というのに暑い日も多い昨今、枕元の2冊の本が眠りを妨げるのだけは秋らしさと言えようか。

追記。はやとちった。中山太郎は確かに柳田国男の門下ではあったが、後に疎遠となったということだった…。


2017-10-13 [長年日記]

_ [読書] 「ユリイカ 総特集みうらじゅん」(つづき、読了)

というわけでユリイカ一冊読了。「ユリイカ」は昨今すっかりサブカル系の雑誌になってしまった様相だが、それ以前から時々購入はしてた。ドビュッシーや笑いの特集など想い出深い。けれど、1冊を全て読み切ったことはなかったような気がする。完読したのはこの一冊だけ、ということになる。


2017-10-14 [長年日記]

_ [読書] 『売笑三千年史』(つづき)

この本は本朝の歴史に沿うて記述されている。今読んでるのは記紀万葉の成立期、つまり奈良時代。万葉集には、真間(今の千葉・市川にある)の手児奈という女性のことが歌われている。その美貌の為に男たちが争奪戦を繰り広げたのを苦にして入水自殺したということである。著者・中山太郎がここで扱う売笑と言う言葉はいささか広義だが、そういう視点で記紀万葉を読むのも面白いことだろう。このような学問において、言葉の真意を解くことは基本的で重要で困難だ。著者・中山太郎は、解釈の困難な語彙に出くわすとすぐにアイヌ語に源を求める当時の学者の態度に意義を唱えている。この態度は好ましい物だと感じる。違和感を感じたなら納得できるまで思考を止めてはならない、ということだろう。


2017-10-15 [長年日記]

_ [特撮] 宇宙戦隊キュウレンジャー

 「ウシ型汎用破壊兵器」登場w。「汎用人型決戦兵器」という呼び方がいかに奇妙なものかを再認識させられた。どうやらチャンプ(?)が戻ってきたようなのだが、先回ショウロウポーももどっているので、キュウレンジャーの伝説はどうやって伝わったんだろうか。謎は深まるばかりでございます。スティンガーが絡むとストーリーが一気に深刻になってちょっといい感じ。
 ささいなことではあるけど、放送時間変わってからキュウレンジャーのEDのときにデータ放送に切り替えられないんだよな。ポイントたまんないよー。次回、伝説の「黄色の腰」登場。

_ [料理] 豆腐田楽

パック入りの豆腐を2つ買ってきて、一つだけ封を切る。もう一つはパックごと洗い、その上に載せておく。そのまま冷蔵、時々水を切ってやればいずれは程良く水が切れる。一週間近くほったらかしてたかもしれないんだが、無事だった。それを三つに切って、串も通さずにガスコンロのグリルで片面焼いている間に、味噌をみりんと少量の水で溶き、砂糖を適当に混ぜる。片面が焼けたらフライ返しなんか使って型崩れしないように返してその味噌を塗り付けて山椒粉を振り、焼く。これで豆腐田楽ができあがる。適当に作った焼き味噌が意外と旨い。この味噌はいろいろ応用が利きそうだな。大根とか茄子とか。しっかりと水切りした豆腐は喉に詰まりそうなぐらい食べごたえがある。


トップ 最新 追記

Categories | 8801 | あんちゃんの自作ゲーム発見した | かながわのハイキングコースベスト50から | かながわの景勝50選 | アニメ | カムバック!マイ中二時代 | コンピュータ | テレビ | テレビ・ラジオ | ドラマ | プログラミング | マンガ | ヨガ | ラジオ | 映画 | 英会話 | 奥州街道 | 音楽 | 下田街道 | 科学 | 街道 | 関東ふれあいの道 | 紀行 | 京街道 | 郷土史 | 金沢道 | 熊野街道 | 栗山千明 | 経済学 | 古新聞を読んで | 語学 | 交通史 | 甲州街道 | 綱島街道 | 香り | 自転車に乗って | 食べ物 | 食べ物・飲み物 | 食事 | 新聞を読んで | 身延道 | 数学 | 生きもの | 千国街道 | 善光寺西街道 | 中原街道 | 超歩行者キュウカイダー | 怒りの日記 | 東海道 | 統計学 | 特撮 | 読書 | 日光街道 | 猫の額 | | 博物館 | 姫街道 | 物理 | 物理学 | 文具 | 米沢街道 | 抱腹絶倒オヤジギャグ | 放送大学 | 豊後街道 | 漫画 | 漫画・アニメ | | 夜へ急ぐ人 | 矢倉沢往還 | 料理 | 歴史